メインメニューを開く

広島県道434号和知三次線

日本の広島県の道路
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道434号標識

広島県道434号和知三次線(ひろしまけんどう434ごう わちみよしせん)は三次市和知町と三次市三次町を結ぶ一般県道である。

概要編集

路線データ編集

  • 起点:三次市和知町・四拾貫交差点(国道183号交点)
  • 終点:三次市三次町・三次中学校入口交差点(国道375号国道433号国道434号重用〕交点)
  • 総延長:6,547.5m
  • 実延長:総延長に同じ

沿革編集

路線状況編集

  • 国道183号庄原方面と三次市三次地区を短絡する路線。道路状況はほぼ良好。
  • 途中通過する三次市畠敷町は三次市のベッドタウンとして発達してきており、朝夕の混雑、脇道よりの割り込みには留意が必要。

重用区間編集

  • 広島県道433号穴笠三次線(三次市畠敷町 - 三次市三次町間)※計画路線

主な橋梁編集

  • 旭橋(西城川、三次市三次町)

地理編集

通過する自治体編集

  • 三次市

接続道路編集

沿線編集

  • 広島地方裁判所三次支部
  • 馬洗川
  • 西城川
  • 比叡尾城跡
  • 寺戸廃寺跡
  • 尾関山公園

関連項目編集