国道375号

日本の広島県から島根県に至る一般国道
一般国道

国道375号標識

国道375号
総延長 200.8 km
実延長 200.1 km
現道 159.2 km
制定年 1975年
起点 広島県呉市
広交差点(地図
主な
経由都市
広島県東広島市三次市
終点 島根県大田市
和江漁港入口交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0185.svg国道185号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0486.svg国道486号
Japanese National Route Sign 0183.svg国道183号
Japanese National Route Sign 0054.svg国道54号
Japanese National Route Sign 0433.svg国道433号
Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起点の呉市・広交叉点(2014年6月)
三次市糸井町付近(2013年9月)

国道375号(こくどう375ごう)は、広島県呉市から三次市を経て、島根県大田市に至る一般国道である。


目次

概要編集

広島県の瀬戸内海に面する呉市から北へ中国山地の山間部を越えて、日本海に面する島根県大田市とを結ぶ、延長約200 kmの中国地方を南北に横断する一般国道の路線のひとつで、主な通過地は広島県東広島市、三次市、島根県邑智郡美郷町である。呉市から東広島市にかけて走る高規格幹線道路でもある東広島呉自動車道は、国道375号の自動車専用道路で、一般部に並行する。また一般部は、広島県東広島市では国道486号三次市の一部では国道433号国道434号と重複する上級路線にあたる。東広島市内の西条インターチェンジ (IC) や高屋ジャンクション (JCT) で山陽自動車道と接続し、三次市内の三次IC中国自動車道と接続しており、中国地方を東西に縦貫する高速道路へのアクセス路線にもなっている。

呉市に、海に隣接する米軍の弾薬庫があり、起点から東広島市までの区間は、全国各地への弾薬輸送のメインルートとして使われる。なお、輸送を行う日時は通過市町村に事前に通知する決まりになっている。[要出典]

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

路線状況編集

重複区間編集

  • 国道486号(東広島市西条町御薗宇・円城寺入口交差点 - 東広島市豊栄町清武・清武交差点)
  • 国道183号、国道184号(三次市十日市東4丁目・上原交差点 - 三次市十日市南1丁目・三次駅前交差点)
  • 国道433号、国道434号(三次市三次町・巴橋東詰交差点 - 三次市作木町香淀)
  • 国道54号、国道184号(三次市三次町・尾関大橋北詰交差点 - 三次市三次町・日山橋東詰交差点)

バイパス編集

 
福富ダムの人造湖「しゃくなげ湖」に架かる福富バイパスの「しゃくなげ大橋」と道の駅道の駅湖畔の里福富
  • 高規格幹線道路等
  • 一般道路
    • 広バイパス(広交叉点 - 弁天橋交差点間。通称弾丸道路、旧道は現在の広商店街)
    • 御薗宇バイパス(東広島市)
    • 福富豊栄バイパス(東広島市)
    • 作木大和道路(三次市 - 美郷町)
    • 邑智バイパス(美郷町)
    • 豊栄バイパス(東広島市)
    • 湯抱バイパス(美郷町湯抱―別府間3.6km[5]2015年(平成27年)3月20日全線開通[5]

道の駅など編集

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

観測地点 平成22(2010)年度
呉市広塩焼2丁目1番 22036
呉市郷原町 18696
東広島市黒瀬町南方 21389
東広島市西条町御薗宇 8618
東広島市西条土与丸2丁目 19761
東広島市高屋町造賀 13804
東広島市福富町久芳 6644
東広島市豊栄町鍛治屋 7716
東広島市豊栄町飯田 2901
三次市三和町上壱 2623
三次市三若町 3699
三次市高杉町 7461
三次市十日市東6丁目 15370
三次市三次町 8625
三次市日下町 1090
三次市作木町下作木 1636

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年2月7日に賀茂郡黒瀬町・河内町・豊栄町・福富町・豊田郡安芸津町が東広島市に編入。
  3. ^ 2004年4月1日に三次市、双三郡君田村、布野村、作木村、吉舎町、三良坂町、三和町、甲奴郡甲奴町の1市4町3村が新設合併し、新「三次市」発足。
  4. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在
  5. ^ 重複区間を除く

出典編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 21. 2017年1月26日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2014年8月5日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令の一部を改正する政令(平成27年2月25日政令第55号) (PDF) 」 、『官報』第6479号、国立印刷局、2015年2月25日、 2頁、2015年3月24日閲覧。
  5. ^ a b “湯抱バイパスが全線開通 島根”. 中国新聞(中国新聞社). (2015年3月21日)

関連項目編集

外部リンク編集