廣瀬浩司(ひろせ こうじ、1963年7月29日‐ )は、日本の哲学研究者、筑波大学教授。フランス哲学専攻。

来歴編集

東京生まれ。筑波大学附属駒場高等学校卒、東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業、同大学大学院総合文化研究科博士課程中退、パリ高等師範学校聴講生(1989-1990) 。パリ第1大学メルロ=ポンティ論(Problématique de l’institution dans la dernière philosophie de Maurice Merleau-Ponty : événement structure chair)〔モーリス・メルロ=ポンティ後期哲学における制度化の問題系〕により博士号(哲学)取得(審査委員:Jean Deprun, Françoise Dastur, Jean-François Courtine, François Heidsieck)、1994-95年東京大学助手、1996年筑波大学講師、99年助教授、2007年人文社会科学研究科准教授、2014年人文社会系教授。国際メルロ=ポンティ学会誌Chiasmi international編集委員。

著書編集

  • デリダ きたるべき痕跡の記憶』哲学の現代を読む 白水社 2006
  • 『後期フーコー 権力から主体へ』青土社 2011

共著編集

  • 『知の教科書 デリダ』林好雄共著 講談社選書メチエ 2003
  • 『現象学と二十一世紀の知』長滝祥司編 ナカニシヤ出版 2004
  • 『身体・気分・心ーー臨床哲学の諸相』河合文化教育研究所 2006
  • 『纏う 表層の戯れの彼方に』大宮勘一郎,神尾達之, 嶋田由紀,前田良三,柳橋大輔共著 水声社 2007
  • 『ドゥルーズ/ガタリの現在』鈴木泉、小泉義之、檜垣立哉編、平凡社、2008
  • 『続・ハイデガー読本』秋富 克哉、 安部 浩編、2016
  • 『現象学のパースペクティヴ』河本英夫・稲垣諭編著 晃洋書房 2017
  • 『メルロ=ポンティ哲学者事典 別巻』、「デリダ」の項、2017.
  • 『哲学のメタモルフォーゼ』河本英夫・稲垣諭編著、晃洋書房、2018.

翻訳編集

  • クリスチャン・デカン『フランス現代哲学の最前線』講談社現代新書 1995
  • エリ・ウィーゼル,川田順造編『介入? 人間の権利と国家の論理』林修共訳 藤原書店 1997
  • ジャック・デリダ, アンヌ・デュフールマンテル『歓待について パリのゼミナールの記録』産業図書 1999
  • ジャック・デリダ『死を与える』林好雄共訳 ちくま学芸文庫 2004
  • 『ミシェル・フーコー講義集成 主体の解釈学 コレージュ・ド・フランス講義1981-1982年度』原和之共訳 筑摩書房 2004
  • 『フーコー・コレクション』(分担訳)ちくま学芸文庫 2006
  • クロード・レヴィ=ストロース『神話論理 4-1 裸の人 1』吉田禎吾,木村秀雄,中島ひかる,瀧浪幸次郎共訳 みすず書房 2008
  • 『ミシェル・フーコー講義集成 生者たちの統治 コレージュ・ド・フランス講義1979-1980年度』 筑摩書房 2015
  • ジャン・ウリ『精神医学と制度精神療法』三脇康生監訳、原和之と共訳、春秋社、2016
  • ジャック・デリダ『歓待について──パリ講義の記録』ちくま学芸文庫、2018

参考編集