広瀬 順弘(ひろせ まさひろ、1932年10月28日 - 2007年11月23日)は、日本翻訳家東京生まれ。青山学院大学英文科卒。

アメリカ大使館広報文化局勤務を経て翻訳家となる。マイケル・バー・ゾウハーなどサスペンス小説、ポルノ小説、ノンフィクションなどを訳した。

翻訳編集

  • 『男の闘い』(ジェームズ・オニール、角川文庫) 1970
  • 『ラブ・スクール』(マール・L・ブラウン、角川文庫) 1971
  • 『悪魔の館』(House on Fire、アーチ・オーボラー、角川文庫) 1971
  • 『無頼の青春』(A Stone For Danny Fisher、ハロルド・ロビンス角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1975
  • 快傑ゾロ』(ジョンストン・マッカレー、角川文庫) 1975
  • 『華麗なる賭け』(Odds On、ジョン・ラング、角川文庫) 1975
  • 『悪魔の収穫祭』(Harvest home、トマス・トライオン、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1976
    のち上・下(角川文庫) 1986
    のち上・下(角川ホラー文庫)
  • 『異星人の殿堂』(Temple of the Stars、ブリンズリー・ルポア・トレンチ、角川文庫) 1976
  • ハワード・ヒューズ 謎の大富豪』(ノア・ディートリッヒ / ボブ・トーマス、角川文庫) 1977
  • オードリー・ローズ』(フランク・デ・フェリータ、角川書店) 1977
  • 『ネラは待っている』(Nella Waits、マーリス・ミルハイザー、角川文庫) 1977
  • 『犯されて』(アタウラー・マルダーン、富士見ロマン文庫) 1978
  • 『ブラックネルの殺人理論』(Bracknell's Law、ウォラス・ヒルディック、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1978
  • 『死者の都市(まち)』(City of the Dead、ハーバート・リーバーマン、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1979
  • 『挑発』(チャールズ・プラット、富士見ロマン文庫) 1979
  • 『処女の熱き唇』(フランシス・レンゲル、富士見ロマン文庫) 1980
  • 『大統領令嬢を誘拐せよ』(マリリン・シャープ、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1981
  • 『パンドラ抹殺文書』(The Deadly Document、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NV) 1981
  • 『プレーボール! 2002年』(The New Atom's Bombshell、ロバート・ブラウン、ハヤカワ文庫NV) 1981
  • 『悪魔の昂まり』(J・J・サヴェージ、富士見ロマン文庫) 1981
  • ポルターガイスト』(ジェームズ・カーン、カドカワノベルズ) 1982
  • 『地獄の追跡(マンハント)』(The Climate of Hell、ハーバート・リーバーマン、角川書店) 1982
  • 『ファントム謀略ルート』(The Phantom Conspiracy、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NV) 1982
  • 『闇の展覧会 2』(カービー・マッコーリー編、早川文庫) 1982
  • 『復讐のダブル・クロス』(Double Cross、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NV) 1983
  • 『白い太腿』(アレグザンダー・トロッキ、富士見ロマン文庫) 1983
  • 『コンドミニアム』上・下(Condominium、ジョン・D・マクドナルド、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1984
  • 『城塞』上・下(The Keep、F・ポール・ウィルソン、角川文庫) 1984
    ザ・キープ』上・下(F・ポール・ウィルスン、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1994
  • 『切り裂く男』(The Stalking Man、ウィリアム・J・コグリン、角川文庫) 1985
  • 『モニンボ』(Monimbò、アルノー・ド・ボルシュグラーヴ / ロバート・モス、ハヤカワ文庫NV) 1985
  • グーニーズ』(ジェームズ・カーン、角川文庫) 1985
  • 『マンハッタン殲滅計画』(Otto's Boy、ウォルター・ウェイジャー、二見文庫、ザ・ミステリ・コレクション) 1986
  • ファイアフォックス』(クレイグ・トーマス、ハヤカワ文庫NV) 1986
  • 『真冬に来たスパイ』(A Spy in Winter、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NV) 1986
  • 『ゴルゴタの呪いの教会』上・下(Golgotha Fall's -An Assault on the Fourth Dimension-、フランク・デ・フェリータ、角川文庫) 1986
  • 『最後のナチ メンゲレ』(The "Last" Nazi、ジェラルド・アスター、読売新聞社) 1987
  • 『殺人シーンをもう一度』(One of Us is Wrong、サミュエル・ホルト、二見文庫、ザ・ミステリ・コレクション) 1987
  • 『暗号口座ドランラブ627』(The Stalin Account、ケネス・ロイス、角川文庫) 1987
  • 『ジニーとベン』上・下(There Should Have Been Castles、ハーマン・ローチャー、角川書店、海外ベストセラー・シリーズ) 1987
  • 『最後の晩餐』(The Last Supper、チャールズ・マッキャリー、扶桑社、サンケイ文庫) 1987
  • 『フォー・ザ・レコード』(For the record、ドナルド・T・リーガン、扶桑社) 1988
  • 『ラット・トラップ』(Rat Trap、クレイグ・トーマス、ハヤカワ文庫NV) 1988
  • レッドブル』(ロバート・タイン、二見文庫、ザ・ミステリ・コレクション) 1988
  • 『無名戦士の神話』(The Unknown Solder 、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NV) 1988
  • 『テロルの嵐』上・下(Peace on Earth、ゴードン・スティーヴンズ、角川文庫) 1988
  • 『グリーン・トレイン』(The Green Train、ハーバート・リーバーマン、河出書房新社) 1989
  • 『復讐者たち』(The Avengers、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワ文庫NF) 1989
  • 『ウォール・ストリート・ブルース』(Wall Street Blues、ジェローム・トゥッチーレ、角川文庫) 1989
  • 『ジャッキーという名の女』上・下(A Woman Named JACKIE、クレメンス・デビッド・ハイマン、読売新聞社) 1990
  • 『侵攻作戦レッド・フェニックス』上・下(Red Poenix、ラリー・ボンド、文春文庫) 1990
  • 『デンネッカーの暗号』(The Dennecker code、J・C・ポロック、ハヤカワ文庫NV) 1990
  • 『悪魔のスパイ』(The Devil's Spy、マイケル・バー=ゾウハー、ハヤカワノヴェルズ) 1991
    のちハヤカワ文庫NV
  • 『復讐戦』(Payback、J・C・ポロック、ハヤカワ文庫NV) 1991
  • 『マイ・ターン ナンシー・レーガン回想録』(My Turn、ナンシー・レーガン、読売新聞社) 1991
  • 『ドクターズ』上・下(Doctors、エリック・シーガル、角川書店) 1991
    のち角川文庫
  • 『大使館』上・下(Embassy、レスリー・ウォラー、読売新聞社) 1992
  • 『ケネディ兄弟とモンローの秘密を握っていた男 ピーター・ローフォード』上・下(Peter Lawford、ジェイムズ・スパダ、読売新聞社) 1992
  • 『核弾頭ヴォーテックス』上・下(Vortex、ラリー・ボンド、文春文庫) 1992
  • 『レッド・チャイナの陰謀』上・下(The Gates of Exquisite View、ジョン・トレンヘイル、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1992
  • ダイアナ妃 ケンジントン宮殿の反乱』(DIANA、ニコラス・デイヴィス、読売新聞社) 1992
    『ダイアナ 孤独なプリンセス』上・下(ニコラス・デイビス、読売新聞社) 1996
  • アナスタシア 消えた皇女』(Anastasia、ジェイムズ・ブレア・ラヴェル、角川書店) 1992
    のち角川文庫
  • 『暗号名レ・トゥーを追え』(The Tears of Autumn、チャールズ・マッキャリー、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1993
  • 子供たちは森に消えた』(The Killer Department、ロバート・カレン、早川書房) 1993
    のちハヤカワ文庫NF
  • 『狙撃』(Threat Case、J・C・ポロック、早川書房、ハヤカワノヴェルズ) 1993
    のちハヤカワ文庫NV
  • 『悪魔の参謀』上・下(The Devil's Juggler、マレー・スミス、文藝春秋) 1994
    のち文春文庫
  • 『略奪者』(Goering's List、J・C・ポロック、早川書房、ハヤカワノヴェルズ) 1994
    のちハヤカワ文庫NV
  • 『ナイトワールド』上・下(Nightworld、F・ポール・ウィルスン、扶桑社ミステリー) 1994
  • 『史上最大の作戦』(The Longest Day、コーネリアス・ライアン、ハヤカワ文庫NF) 1995
  • 『影の兄弟』(Brothers、マイケル・バー=ゾウハー、早川書房、ハヤカワノヴェルズ) 1995
    のちハヤカワ文庫NV
  • 『ヨーロッパ最終戦争1998』上・下(Cauldron、ラリー・ボンド、文春文庫) 1995
  • 『ストーン・ダンサー』上・下(Stone Dancer、マレー・スミス、文春文庫) 1996
  • 『リズ』上・下(Liz、クレメンス・デビッド・ハイマン、読売新聞社) 1996
  • 『カジノ』(Casino:Love and Honor in Las Vegas、ニコラス・ピレッジ、ハヤカワ文庫NF) 1996
  • 『無垢なる骨』(The Innocents、リチャード・バリー、ハヤカワ文庫、ミステリアス・プレス文庫) 1996
  • 『共鳴』(Complicity、イアン・バンクス、ハヤカワ文庫、ミステリアス・プレス文庫) 1996
  • 『わたしは電子の歌をうたう マイクロソフトがマルチメディアに挑んだ1年』(フレッド・ムーディ、早川書房) 1997
  • 『テロリストの半月刀(シミタール)』上・下(The Enemy Within、ラリー・ボンド、文春文庫) 1997
  • 『ワン・ポイント・セイフ』(One Point Safe、アンドリュー・コックバーン / レスリー・コックバーン、読売新聞社) 1997
  • 『危険な再会』(The Ex、ジョン・ラッツ、ハヤカワ文庫、ミステリアス・プレス文庫) 1997
  • 『システムという名の支配者 われわれの社会が変わらないのはなぜか』(Opposing the System、チャールズ・A.ライク、早川書房) 1998
  • 『核爆撃機リーパーズ・シャドウ』上・下(Shattered Bone、クリス・スチュアート、ハヤカワ文庫NV) 1998
  • 『キリング・タイム』上・下(Killing Time、マレー・スミス、文春文庫) 1998
  • 『殲滅作戦キル・ボックス』(The Kill Box、クリス・スチュアート、ハヤカワ文庫NV) 1999
  • 『オンリー・ラブ』(Only Love、エリック・シーガル、角川文庫) 1999
  • 『男は嘘つき、女は…』(Private Lies、ウォーレン・アドラー、角川文庫) 2000
  • 『終極の標的』(Endgame、J・C・ポロック、早川書房、ハヤカワノヴェルズ) 2000
    のちハヤカワ文庫NV
  • 『霊応ゲーム』(The Wishing Game、パトリック・レドモンド、早川書房、ハヤカワノヴェルズ) 2000
    のちハヤカワ書房NV
  • 『怒りの日』(Day of Wrath、ラリー・ボンド、文春文庫) 2000
  • 『スパイが集う夜』(A Gathering of Spies、ジョン・オールトマン、ハヤカワ文庫NV) 2001
  • 『もう一人の相続人』(Legacy、マレー・スミス、文春文庫) 2001
  • 『なぜ、この人たちは金持ちになったのか 億万長者が教える成功の秘訣』(The Millionaire Mind、トマス・J・スタンリー、日本経済新聞社) 2001
    のち日経ビジネス人文庫
  • リンドバーグ 空から来た男』上・下(Lindbergh、A・スコット・バーグ、角川文庫) 2002
  • 『ステルス原潜を追え』上・下(Hawke、テッド・ベル、ハヤカワ文庫NV) 2003
  • 『ハシシーユン暗殺集団』上・下(Assassin、テッド・ベル、ハヤカワ文庫NV) 2005
  • 『闇の展覧会 - 霧』(カービー・マッコーリー編、真野明裕 / 矢野浩三郎共訳、ハヤカワ文庫NV) 2005