メインメニューを開く

大空港』(だいくうこう、Airport)は、1970年公開のアメリカ映画

大空港
Airport
Airport film logo.svg
監督 ジョージ・シートン
脚本 ジョージ・シートン
製作 ロス・ハンター
出演者 バート・ランカスター
ディーン・マーティン
ジーン・セバーグ
ジャクリーン・ビセット
ジョージ・ケネディ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 アーネスト・ラズロ
編集 スチュアート・ギルモア
配給 ユニバーサル
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年3月5日
日本の旗 1970年4月18日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 $100,489,151[1] アメリカ合衆国の旗
次作 エアポート'75
テンプレートを表示

アーサー・ヘイリーによる同名の小説を原作とする。エアポートシリーズと呼ばれる4作品の第1作目。

オールスターキャストによるパニック映画の元祖と言われる。いわゆるグランドホテル方式で、それぞれの登場人物にまつわるストーリーが交錯する構成になっている。

第43回アカデミー賞では最多10部門にノミネートされ、ヘレン・ヘイズ助演女優賞を受賞した。また、1970年の映画の世界興行成績で第2位であった[2]

目次

ストーリー編集

主な登場人物・伏線となるストーリー編集

  1. ある冬の夜。シカゴのリンカーン国際空港(架空。オヘア国際空港がモデル)は何年に一度という大雪に見舞われる。そんな中、着陸したトランスグローバル航空(架空)45便のボーイング707旅客機が誘導路から脱輪し、積雪の中に車輪を沈ませてメイン滑走路を閉鎖させてしまう。
  2. リンカーン空港長のメル・ベイカースフェルド(バート・ランカスター)は、日ごろの激務の中で家庭を顧みる暇がなく妻シンディ(ダナ・ウィンター)とは離婚寸前。一方で、同じ空港内に勤務するトランスグローバル航空の地上勤社員、ターニャ・リヴィングストン(ジーン・セバーグ)と恋仲になっている。弁護士だった夫を亡くし独り身のターニャは、上司からサンフランシスコへの転勤と昇進をオファーされており、メルとの関係を取るかキャリアを取るか葛藤の中にある。
  3. ヴァーノン・デマレスト(ディーン・マーティン)はトランスグローバル航空のパイロットで、ボーイング707の機長。同時にメルの姉・サラ(バーバラ・ヘイル)の夫でもあるが、プレイボーイであちこちの女と関係を持つため、それを快く思わないメルと犬猿の仲である。この吹雪の日、リンカーン発ローマ行きのグローバル2便に同僚機長の定期テストのため副操縦士として乗組む事になっていたが、空港に着いた途端メルから滑走路の閉鎖を聞かされ、口論となる。
  4. ヴァーノンの現在の浮気相手は、同じトランスグローバルの客室乗務員グエン・メイフェン(ジャクリーン・ビセット)。この夜、たまたま同じ2便にクルーとして乗り合わせることとなったヴァーノンは、グエンが自分の子を身篭ったこと、そしてその子を中絶する意思がないことを告げられる。
  5. トランス・ワールド航空(現在のアメリカン航空)のベテラン整備士ジョー・パトローニ(ジョージ・ケネディ)は、仕事を終えて帰宅し妻とくつろいでいたところをメルに呼び戻される。メルの頼みで滑走路を塞いだグローバル45便の移動作業に協力することになったが、方針を巡って45便機長と対立。メルは自分の責任で、パトローニに作業を一任する。
  6. 失業中の土木技術者、D・O・ゲレーロ(ヴァン・ヘフリン)は、精神を病んで仕事が長続きせず、子供を身内に預けて妻イネーズ(モーリン・ステイプルトン)と貧しい生活を送る。思いつめたゲレーロは自身に多額の旅行保険をかけ、工事現場から盗んだダイナマイトをアタッシュケースに仕込んでグローバル2便に乗り込む。
  7. リンカーン空港のベテラン税関職員、ハリー・スタンディッシュ(ロイド・ノーラン)は、グローバル2便でローマへ留学する姪を搭乗ゲートまで見送りに来たが、そこでゲレーロに検札係と間違えられる。長年にわたって密輸犯を見破ってきた経験と勘からゲレーロの挙動に不審点を感じたハリーは、ゲレーロが何か後暗いことに関与しているのではないかとターニャに告げる。
  8. 無賃搭乗常習犯の老女、エイダ・クォンセット(ヘレン・ヘイズ)は、トランスグローバル機内で犯行が発覚し、リンカーン空港でターニャに引き渡される。仮病を使って医務室に向かう途中に脱走し、グローバル2便の機内に紛れ込んで何食わぬ顔で座席についたエイダの隣には、爆弾入りのアタッシュケースを抱えたゲレーロが座っていた。
  9. 勤め先から家に帰ったゲレーロの妻イネーズ。つい数時間前、彼女が勤めるコーヒーショップに不意に現れた夫は「バスでミルウォーキーへ行く」と言っていたはずなのに、郵便ポストに「ローマ行きの航空券をお求めいただきましたが、手違いで代金を多く受け取ってしまいました」との旅行代理店からの速達郵便が届く。ゲレーロが最後に仕事をした工事現場からダイナマイトが紛失していたことを思い出し、よからぬ予感を抱いたイネーズは、急いでリンカーン空港へ向かう。しかし彼女が出発ロビーに駆けつけた時、ヴァーノンが操縦するグローバル2便は、グエン、ゲレーロ、エイダたちを乗せてターミナルを離れた直後だった。

その後の展開編集

放心状態でターニャに保護されたイネーズ。彼女の姓が「ゲレーロ」であることを聞いたターニャは、ハリーから不審者情報を知らされた際に調べた乗客名簿の中に、その名があったことを思い出す。さらにイネーズの告白と旅行保険販売員の証言からゲレーロの目的を悟ったターニャとメルは、グローバル2便に連絡。2便機長のアンソン・ハリス(バリー・ネルソン)は乗客に内緒でリンカーン空港に引き返す一方、ヴァーノンはゲレーロのアタッシュケースを取り上げる作戦を練り、隣席のエイダに無賃搭乗の帳消しと引き換えに協力を依頼する。一方地上では、不測の事態に備えてパトローニがメイン滑走路を塞ぐ45便の移動作業を急ぐ。だが、爆弾奪取作戦は土壇場で失敗し、後部トイレに逃げ込んだゲレーロは爆弾を爆発させる。グエンは負傷し、機体には穴が……。

概説編集

原作は、緻密な取材でさまざまな業界の内幕を描く、アーサー・ヘイリーのベストセラー小説。上映時間の制限上、省略された人物やエピソードはあるものの、全体としては原作にかなり忠実に映画化されている。脚本・監督はジョージ・シートン。音楽はアルフレッド・ニューマンで、作曲から公開直前の死去により、これが遺作となった。なお、アンクレジットではあるが、ヘンリー・ハサウェイ監督が屋外場面を担当している。当時著しく台頭したアメリカン・ニューシネマに対する、ハリウッドからの大作エンターテインメント回帰によるカウンターとも言うべき作品であり、有名俳優の競演、監督のシートンや音楽のニューマンをはじめとするベテラン起用など、ハリウッド流儀の映画づくりが顕著に表れた作品であった。

出演はバート・ランカスターディーン・マーティンジーン・セバーグジャクリーン・ビセットジョージ・ケネディらといった、オールスター・キャストであった。

舞台となるシカゴの「リンカーン国際空港」は架空のものであり、ロケはミネソタ州ミネアポリス・セントポール国際空港で行われた。また、本作に登場するボーイング707は、フライング・タイガー・ライン所属の機体(登録番号:N324F)をユニバーサル映画が借り受けたもので、窓廻りの塗装は当時のエル・アル航空のそれに似たものを施し、「Trans Global Airlines」のロゴと「tga」のマークをペイントしていた。なおこの機体は、映画公開から19年後の1989年5月21日ブラジルサンパウログアルーリョス国際空港付近で着陸に失敗し、墜落炎上した。

本作の大ヒットにより、後に続編が3本作られ、合わせてエアポートシリーズと総称される。しかし、続編の内容について、アーサー・ヘイリーは直接関わってはいない。『大空港』はどちらかというと人間ドラマの方に主眼が置かれているが、続編は飛行機を襲う危機の方に重点が移っており、1970年代のパニック映画ブームの一翼を担って、次第に内容がエスカレートしていった。なお、シリーズといっても、それぞれの登場人物は違っており、ただ一人ジョージ・ケネディ演ずるジョー・パトローニのみが4作全てに登場しているが、役職は毎回異なっている。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ旧版 テレビ朝日 日本テレビ新版
メル・ベイカースフェルド バート・ランカスター 小林昭二 瑳川哲朗 石森達幸
ヴァーノン・デマレスト ディーン・マーティン 羽佐間道夫 佐々木功
ターニャ・リヴィングストン ジーン・セバーグ 木村俊恵 武藤礼子 宗形智子
グエン・メイフェン ジャクリーン・ビセット 西沢和子 鈴木弘子 山下智子
ジョー・パトローニ ジョージ・ケネディ 大宮悌二 小林清志 三木敏彦
D.O.ゲレーロ ヴァン・ヘフリン 杉田俊也 水鳥鐵夫
イネーズ・ゲレーロ モーリン・ステイプルトン
エイダ・クォンセット ヘレン・ヘイズ 堀越節子 新村礼子
ピーター ジョン・フィンドレーター 神奈延年
その他 小沢紗季子

麻生美代子

林洋子

好村俊子

佐々木勝彦

矢野陽子

千葉耕市

小野健一

山口嘉三

斎藤志郎

金尾哲夫

中博史

小形満

富本牧子

藤城裕士

喜田あゆ美

岩田安生

岡村恭子

仲野裕

井上由紀

演出 左近允洋 壺井正
翻訳 広瀬順弘 鈴木導
効果 VOX
調整 飯塚秀保

柴崎崇行

担当 熊谷国雄
制作 グロービジョン グロービジョン
解説 水野晴郎 淀川長治 水野晴郎
初回放送 1973年10月10日、

17日

21:30‐22:55

水曜ロードショー

1981年3月1日

21:00‐22:54

日曜洋画劇場

1994年2月25日

21:03‐22:54

金曜ロードショー

スタッフ編集

受賞編集

エアポートシリーズ編集

タイトルにエアポートや大空港が付く映画やテレビ番組が多数存在するが、正式なエアポートシリーズは以下に示す4作品のみ。これらは、アーサー・ヘイリーの小説『大空港』の映画化権により、ユニバーサル映画が製作した劇場映画シリーズである。

エアポートシリーズ以外でエアポートを冠する映画編集

  • 以下の作品も、ユニバーサル映画のエアポートシリーズとは無関係。
    • エアポート'78・恐怖の超音速旅客機/パニック・イン・SST SST: Death Flight (1977年
    • エアポート'85 International Airport (1985年
    • エアポート1994 Ordeal in the Arctic (1993年

その他、「エアポート」を含む映画やテレビ番組はきりがないほど存在する。

原作編集

早川書房より刊行(ハヤカワ文庫)。アーサー・ヘイリー著、武田公子・大坪光之 訳(現在は絶版)。

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Airport (1970)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ List movies by worldwide gross” (英語). WorldwideBoxoffice.com. 2009年8月27日閲覧。

外部リンク編集