広田 一成(ひろた いっせい、1970年1月11日 - )は、日本の元俳優、元中国武術選手、中国武術家東京都出身。身長156cm、体重47kg(1987年当時)[1]

ひろた いっせい
広田 一成
本名 廣田 一成
生年月日 (1970-01-11) 1970年1月11日(48歳)
出生地 日本の旗 東京都
民族 日本人
血液型 A型
職業俳優、元中国武術選手
活動期間 1987年 - 1990年
主な作品
テレビドラマ
光戦隊マスクマン
世界忍者戦ジライヤ

目次

来歴・人物編集

幼少期は体が弱く華奢だったので「武道」を習って体を丈夫にしようと思い[2]中国武術を習い始めた。 東京太極拳協会に所属し、第1回武術世界選手権にて日本代表として剣1位、総合2位の成績をおさめる[3]。1990~1991年全日本武術太極拳選手権大会「男子三種総合」連覇[4][5]。1990年の北京アジア大会にも武術競技の日本代表として出場している。

エピソード編集

  • 『マスクマン』のスタッフによると彼の人気ぶりは、いわゆる追っかけが発生するほどだったという。
  • 『マスクマン』は、気功や武術をモチーフにした戦隊であり、広田自身が中国武術の選手であることから、マスクマンの決めポーズなどは広田が考案したものも採用されているという。一方で、中国武術と演技としての立ち回りとでは勝手が違っていたと述べている[6]
  • ブルーマスクのスーツアクターを担当した喜多川務は、当時広田から中国武術の手ほどきを受けており、3D対戦格闘ゲームのモーションアクターの仕事でもその時の経験が生かされたとゲーム関連のインタビューで明かしている。喜多川は、その後も中国武術のトレーニングを続け、『五星戦隊ダイレンジャー』ではシシレンジャーのスーツアクターとして広田直伝の中国拳法を見せている。更に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』ではそれを生かし、中国拳法指導として参加している。

出演編集

テレビドラマ
映画
オリジナルビデオ

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 最終回ではブルーマスクのスーツアクターも担当[6]

出典編集

  1. ^ 広田一成プロフィール秘話(後編)
  2. ^ 先生と武術(武術入門編)
  3. ^ 中国武術(格闘技通信)1991/冬季
  4. ^ 中国武術(格闘技通信)1990/夏季
  5. ^ 中国武術(格闘技通信)1991/春季
  6. ^ a b スーパー戦隊大全集 1988, p. 203, 「スーパー戦隊シリーズINTERVIEW CAST編」

参考文献編集

外部リンク編集