メインメニューを開く

概要編集

南東方向に開けた湾であり、太平洋に面している。湾口約4.8km、奥行き約9.0kmのリアス式海岸であり、湾の北東岸は広田半島である。湾の東岸から西岸にかけては、陸前高田市、湾の南西岸は宮城県気仙沼市であり、湾口より南には唐桑半島が延びている。湾奥には気仙川が流入し、高田松原及び陸前高田市の市街地が位置する。また、湾岸には南東岸の広田漁港や北西岸の長部漁港をはじめとして、中小の漁港が多数、存在している。高田松原を除けば、海岸部に大規模な砂浜は少なく、が多く、その間に小規模な砂浜や港がある。

広田湾では、カキワカメホタテ貝などの養殖が行われていたが、2011年東日本大震災では、津波により沿岸部も含めて大きな被害を受けた[1]

脚注編集

外部リンク編集