メインメニューを開く

気仙川(けせんがわ)は、岩手県を流れる二級河川であり、気仙川水系の本流である。

気仙川
Rikuzentakata, belt conveyors for the earthquake reconstruction.C.JPG
河口付近左岸より撮影(2015年4月撮影)
川に架かる大きな吊り橋は一般橋梁ではなく、震災復興事業(地盤のかさ上げ)土砂運搬のために作られた巨大なベルトコンベアである。
水系 気仙川
種別 二級河川
延長 44 km
流域面積 520 km²
水源 高清水山(岩手県)
水源の標高 1,013 m
河口・合流先 広田湾(岩手県)
流域 日本の旗 日本岩手県
テンプレートを表示

概要編集

岩手県気仙郡住田町の高清水山を源流とし、陸前高田市を流れ広田湾に注ぐ。

河口には仙台藩・岩手県を代表する防潮林であり、観光地にもなっていた高田松原があった。

主な支流編集

市町名は流域の自治体。

水害編集

流域は急峻な地形であるため洪水が起こりやすく、度々水害に見舞われた。近年発生した大規模な水害は次の通り[1]

  • 1979年10月 - 台風20号により氾濫。橋梁が流されるなど甚大な被害。
  • 1981年8月 - 台風15号により氾濫。
  • 1998年9月 - 豪雨により氾濫。土砂崩れや路面流出が相次ぐ。
  • 1999年7月 - 豪雨により各地で浸水が発生。
  • 2002年7月 - 台風6号による氾濫。国道45号が寸断したほか、各地で水路が氾濫した。

生態系編集

アユイワナヤマメなどの魚類が多く生息している。

並行・交差する交通編集

脚注編集

外部リンク編集