庚寅之劫(こういんのごう)は、1650年順治7年、南明永暦4年、庚寅の年)11月24日-12月5日広州城で発生した皆殺しの惨劇。

11月24日、平南王尚可喜は、靖南王耿継茂が指揮する清軍(漢軍鑲藍旗)に与し11カ月城を包囲した後、砦を築くなどお互い譲らなかったが、惨烈を極めた戦闘ののち、オランダの大砲を使い城を攻め落とした。城を死守した広州の住民までも12日続く大虐殺を行って、老若男女問わず惨殺して、死亡者数は10への70人万を上回まった。(広東通史、広東市史)広州市における社会科学研究は、言った: "700 000"は明らかに信用できない。 - にのみ40万明末広州府13郡の人口の合計(『広州研究』[1])。

別のビューには、約8万の犠牲者に対し、その広州の人口(約40万)の約5分の1だった。 (『海幢寺:恢弘荘厳的嶺南雄刹』[2][3]): "清順治六年十月、清軍は10カ月限り、広州城の包囲に到着し、最終的に城を陥落し、平南王尚可喜が指揮する清軍は広州に10カ日の大虐殺。そのとき広州城の人口は約40万、犠牲者は約5分の1(約8万)。"

原文:清順治六年十月、満清大軍抵達広州、囲困城池長達十個月、最終攻下城池、平南王尚可喜率清軍攻陥広州之後、屠城十日、屍横遍地、広州城当時人口大約40万、死難者約五分之一。

死体は東門外で長い間に渡り焚焼された。城から40里四方、殺戮のかぎりを尽くし、死者は60数万人。劉中山廟の両開扉のそこに2名隠れ、7名は、大南門甕城関羽廟の神仏像の腹の中に入って、誅殺を免れた[4]

出典編集

  1. ^ 広州研究, Issue 1[1]
  2. ^ 『海幢寺:恢弘荘厳的嶺南雄刹』[2]
  3. ^ Siege Warfare: The fortress in the early modern world, 1494-1660 By Christopher Duffy.[3]
  4. ^ 黄仏頤著:広州城坊志 226頁、221頁、廣東人民出版社、1994年12月版

参考編集