メインメニューを開く

座間味村(ざまみそん)は、沖縄本島那覇市の西方約40kmに点在する慶良間諸島のうち座間味島を始め20余りの島からなる

ざまみそん
座間味村
座間味島・古座間味ビーチ
座間味島・古座間味ビーチ
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
島尻郡
団体コード 47354-5
法人番号 2000020473545
面積 16.74km2
総人口 896[編集]
推計人口、2019年7月1日)
人口密度 53.5人/km2
隣接自治体 なし
村の木 リュウキュウマツ
村の花 ケラマツツジ
他のシンボル -
座間味村役場
村長 宮里哲
所在地 901-3402
沖縄県島尻郡座間味村字座間味109番地
北緯26度13分44秒東経127度18分11.6秒座標: 北緯26度13分44秒 東経127度18分11.6秒
Zamami new village office.JPG
外部リンク 座間味村

座間味村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

慶良間諸島のほぼ西半分を占め、島尻郡に属する。

目次

地理編集

 
高月山からの眺望(座間味港と集落を望む)

沖縄本島那覇市の西方約40kmに点在する慶良間諸島のうち、慶良間海峡の西側にある座間味島阿嘉島慶留間島外地島など大小20余の島々を村域としている。村役場は座間味島に置かれている。

地域編集

  • 阿嘉(あか)
  • 阿佐(あさ)
  • 阿真(あま)
  • 慶留間(げるま)
  • 座間味(ざまみ)

人口編集

 
座間味村と全国の年齢別人口分布(2005年) 座間味村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 座間味村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
座間味村(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より
 
旧村役場

歴史編集

行政編集

  • 議長:宮平秀保
  • 村長:宮里哲(2009年6月1日~、第1期目)
    • 前村長:仲村三雄(1997年6月2日~2009年5月31日)

経済編集

観光編集

渡嘉敷村とともに慶良間諸島国立公園にあり、「ケラマブルー」と呼ばれる美しい海など豊かな自然を有し、観光客に人気が高い。環境保護の財源を確保するため、2018年4月から、フェリー乗船時などに100円の「美ら島(ちゅらしま)税」を徴収している[1]

日本郵政グループ編集

(※2013年10月時点)

  • 日本郵便 座間味郵便局(座間味) - ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局
  • 日本郵便 阿嘉郵便局(阿嘉)

※ 座間味村内の郵便番号は、阿嘉・慶留間が「901-33xx」、阿佐・阿真・座間味が「901-34xx」となっている。

地域編集

 
慶留間小中学校

教育編集

小・中学校(村立)編集

  • 座間味小中学校
  • 阿嘉小中学校
  • 慶留間小中学校

交通編集

港湾編集

航路編集

村営航路
  • フェリーざまみ・クイーンざまみ(高速船)
  • みつしま
    • 座間味港 - 阿嘉港 - 阿波連港(渡嘉敷島
      • 村内(座間味港 - 阿嘉港)のみの区間便あり。
      • 村外となる阿波連港への便は「ケラマ航路」と通称され、2013年4月より運航を開始した。1日2便が設定されている。村内・村外航路とも、予約がある時のみ運航するオンデマンド方式である。[2][3]

空港編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
高良家住宅(重文) - 慶留間島

座間味島編集

  • 古座間味ビーチ
  • 高月山園地・展望台(標高137m)
  • 古座間味貝塚
  • 平和の塔
  • 慶良間海洋文化館

阿嘉島編集

  • ニシバマ(北浜)ビーチ
  • 阿嘉島のハル石
  • 天城公園

座間味村出身の著名人編集

座間味村を舞台とする作品編集

脚注編集

外部リンク編集