メインメニューを開く

建部政周

建部 政周(たけべ まさちか、延宝2年(1674年) - 宝暦7年11月20日1757年12月30日))は、播磨国林田藩の第4代藩主。

第3代藩主・建部政宇の次男。正室は建部光成の養女(河野通房の娘)。子に建部政民(長男)、九鬼隆寛(三男)、建部光之(六男)、有馬光隆(十一男)。官位は従五位下、丹波守。幼名は庄九郎。又右衛門。主計。

はじめは建部光成の養嗣子となり、その養女と結婚していた。しかし元禄16年(1703年)2月29日に兄の政辰が病弱により廃嫡されたため、本家に戻って世子となる。正徳5年(1715年)、父の死去により跡を継いだ。享保17年(1732年)9月23日、長男・政民に家督を譲って隠居し、勝隠と号した。宝暦7年(1757年)11月20日、84歳で死去した。墓所は京都市北区紫野の大徳寺芳春院