メインメニューを開く

建部 政民(たけべ まさたみ、元禄11年(1698年) - 安永8年8月18日1779年9月27日))は、播磨国林田藩の第5代藩主。

第4代藩主・建部政周の長男。母は建部光成の養女(河野通房の娘)。正室は板倉重同の娘。子に建部長教(長男)、建部政賢(四男)、娘(米津政崇正室のち秋田季道正室)、娘(板倉勝該室)、娘(本多政寛正室)、娘(本多紀智正室)、娘(大嶋義勝室)。官位は従五位下、丹波守。幼名は久米之助。内膳。初名は政就

享保17年(1732年)9月23日、父の隠居により跡を継ぐ。同年12月16日、叙任する。

宝暦12年(1762年)6月24日、長男・長教に家督を譲って隠居し、安永8年(1779年)8月18日に82歳で死去した。墓所は京都市北区紫野の大徳寺芳春院