弓削元宝
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 元実
氏族 弓削
父母 父:弓削八田
テンプレートを表示

弓削 元宝(ゆげ の がんほう)は、飛鳥時代の人物。名は元実ともする[1]。弓削八田の子とする系図がある[2]。あるいは、『日本書紀』巻第二十五に引く、『伊吉博得が言はく』とある文章に現れる「趙元宝」と同一人物であるとする説もある。この記述によると、韓智興(かんちこう)同様、「倭種(やまとのうじ、混血児)」であったようである[3]

弓削元宝については本人ではなく、その子の事績で僅かに知られる。『日本書紀』の持統天皇4年(690年)10月22日条に、名が知れないその子の事が記される。弓削連元宝の子は、百済救援戦争(白村江の戦い)に従軍して唐の捕虜になった。天智天皇2年(663年)、大伴部博麻が身を売って得た衣糧を得て、土師富杼氷老筑紫薩夜麻と共に帰国し、の計略を本国に知らせた。

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』北野本、内閣文庫本
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻2,弓削宿禰(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年 による)
  3. ^ 『日本書紀』孝徳天皇 白雉5年2月条、『伊吉博徳書』

出典編集