弥生 (ソフトウェア)

ソフトウェア制作会社

弥生株式会社(やよい)は、東京都千代田区に本社を置くソフトウェア開発会社であり、『弥生会計』などのビジネスソフトウェア製品を開発販売している。[1] 2017年時点で同社ビジネスソフトウェアは160万社以上に利用されており、パッケージ型会計ソフトにおいて国内シェア66%を有している。

弥生株式会社
Yayoi Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX 21階
設立 2007年1月15日
(創業:1978年
業種 情報・通信業
法人番号 6010001114916
事業内容 業務ソフトウェアおよび関連サービスの開発・販売・サポート
代表者 岡本浩一郎
(代表取締役社長)
資本金 5千万円
従業員数 683名(派遣・契約社員含む、2016年10月現在)
決算期 9月30日
主要株主 オリックス株式会社
関係する人物 平松庚三
(元代表取締役会長)
外部リンク http://www.yayoi-kk.co.jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1978年 - 株式会社日本オールシステムズ(後の日本マイコン)を設立
  • 1980年 - 株式会社システムハウスミルキーウェイを設立
  • 1987年 - 弥生シリーズの販売開始。
  • 1997年 - Intuit、ミルキーウェイ、日本マイコンの統合によりインテュイット株式会社を設立
  • 2003年4月1日 - マネジメント・バイ・アウトによりインテュイットから独立し、弥生株式会社となる(社長・平松庚三)。
  • 2004年11月9日 - ライブドアが買収を発表。同年12月20日にライブドアの子会社となる。
  • 2006年1月24日 - 親会社であるライブドアの堀江貴文社長の逮捕を受けて、平松庚三社長が急遽ライブドア社長に就任する。
  • 2006年6月12日 - 平松庚三が代表取締役会長に就任。後任の代表取締役社長に飼沼健が就任。
  • 2007年4月2日 - 持ち株会社のライブドアが、ライブドアホールディングス(のち・LDH)へと商号変更。
  • 2007年8月24日 - ライブドアホールディングスが、保有する弥生の株式を投資ファンドのMBKパートナーズに売却すると発表。
  • 2007年9月28日 - 特別目的会社である株式会社 MBKP1 へ株式を譲渡。
  • 2008年4月1日 - 岡本浩一郎が代表取締役社長に就任する[2]
  • 2014年11月13日 - オリックス株式会社が800億円強で買収し、オリックスグループ傘下となる[3]

主要製品編集

パッケージ製品編集

対応OSWindows。パッケージに当時の親会社であったライブドア(のち:LDH)の社長であった堀江貴文の写真が掲載されていた時期もあった。2009年から2010年菊川怜2011年から2017年には皆藤愛子が起用されていた。2017年10月20日発売の18シリーズからは芳根京子が起用されている。

  • 弥生会計(法人向け会計ソフト
  • 弥生販売(法人向け販売管理ソフト)
  • 弥生給与(法人向け給与計算ソフト)
  • やよいの青色申告(個人事業主向け会計ソフト)
  • やよいの給与計算(スモールビジネス向け給与計算ソフト)
  • やよいの見積・納品・請求書(見積書・請求書発行ソフト)
  • やよいの顧客管理 (顧客管理ソフト)

クラウド製品編集

対応OSはWindowsMac

  • 弥生会計 オンライン(法人向けクラウド会計ソフト[4]
  • やよいの青色申告 オンライン(個人事業主向けクラウド会計ソフト)
  • やよいの白色申告 オンライン
  • やよいの給与明細 オンライン
  • Misoca

スマートフォンアプリ製品編集

対応OSはAndroidiOS

  • 弥生会計 オンライン
  • やよいの青色申告/白色申告 オンライン
  • 弥生 レシート取込

かつて販売していた製品編集

  • バンクナウ(オンラインバンキングソフト)

日本マイコン時代

  • テラ/Queenシリーズ(日本語ワープロソフト)
    • テラ
    • Queen
    • Terra (バージョン2)
    • テラ III 世
    • Queen II
    • Queen III
    • テラ Towns
    • テラ V
  • Grape(アニメーション描画ソフト)

社名の由来編集

主力商品の弥生シリーズに由来する。その商品名は日本では3月決算の企業が多く会計ソフトがフル稼働するのが3月 (弥生) であることから名づけられた。

脚注編集

  1. ^ 吉岡綾乃 (2014年11月14日). “狙いは小規模事業者:オリックスはなぜ弥生を買収するのか”. ITmedia ビジネスオンライン. アイティメディア株式会社. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ 新社長、岡本浩一郎氏が就任会見:弥生がSaaS対応、MS、アドビなどと協業の可能性も”. ITmedia エンタープライズ. アイティメディア株式会社 (2008年4月22日). 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ オリックス、会計ソフトの弥生を買収”. ITmedia エンタープライズ. アイティメディア株式会社 (2014年11月13日). 2015年8月9日閲覧。
  4. ^ 大河原克行 (2015年7月14日). “弥生、会計ソフトが登場した30年前。それに匹敵する変化を”. ASCII.jp. 株式会社KADOKAWA. 2015年8月9日閲覧。

外部リンク編集