張氏容

広南国の人物

孝武皇后(こうぶこうごう、ヒエウ・ヴー・ホアン・ハウ、ベトナム語Hiếu Vũ Hoàng Hậu孝武皇后永盛8年3月1712年4月) - 永佑2年10月6日1736年11月8日))は、広南国阮福濶の正室。名は張氏容ベトナム語Trương Thị Dung張氏容)。または張氏除ベトナム語Trương Thị Trừ張氏除)、張氏鋧ベトナム語Trương Thị Hiện張氏鋧)ともいう。

孝武皇后
各種表記
クォック・グー Hiếu Vũ Hoàng Hậu
漢字チュノム 孝武皇后
北部発音: ヒエウ・ヴー・ホアン・ハウ
音読み こうぶこうごう
テンプレートを表示

生涯編集

掌奇ベトナム語版張文創の娘として清華貴県(現在のハチュン県)に生まれる。母は宋氏。初め潛邸ベトナム語版に侍し、続いて右宮嬪中国語版に封じられ、阮福暲・阮福・阮福昱・阮氏玉瑤の3男1女を儲けた[1]永佑2年10月6日1736年11月8日)に25歳で死去。修儀夫人(ベトナム語Tu Nghi Phu Nhân修儀夫人)の号を贈られたが、後に温誠太妃(ベトナム語Ôn Thành Thái Phi溫誠太妃)と追贈され、富春の永泰陵(現在のトゥイスアン坊ベトナム語版)に葬られた[1]

嘉隆5年6月8日1806年7月23日)、孫の嘉隆帝によって温誠徽懿荘慈毓聖孝武皇后(ベトナム語Ôn Thành Huy Ý Trang Từ Dục Thánh Hiếu Vũ Hoàng Hậu溫誠徽懿莊慈毓聖孝武皇后)と追尊され、その神体太祖廟中国語版左四室に安置された[1]

出典編集

  1. ^ a b c 大南列伝前編』巻一 后妃列伝 世宗孝武皇后