メインメニューを開く

張議潮(又は義潮とも義朝ともする)(ちょう ぎちょう、Zhang Yichao、799年 - 872年)は、時代、沙州敦煌(今の甘粛省敦煌市)の人である。西域の十余州を収復した唐朝の名将である。

安史の乱の後、吐蕃が乱に乗じて河西回廊、隴右を攻め占領した。建中2年(781年)沙州も吐蕃の手に落ちた。

  • 大中2年(848年)、張議潮は、組織した帰義軍を率いて、吐蕃を駆逐し、瓜州、沙州などの地を収復した。並びに高進達等を使者として長安に派遣しこのことを朝廷に報告させた。
  • 大中4年(850年)、張議潮は、西州を収復した。
  • 大中5年(851年)、沙州(敦煌)、瓜州、伊州(哈密)、西州、河州臨夏)、甘州(張掖)、粛州(酒泉)、蘭州、鄯州(青海省海東市)、廓州(青海省化隆回族自治県)、岷州(岷県)などの十一州を収復した後、宣宗は、詔して、張議潮に沙州防禦使に任じた。同年の冬、兄の張議潭を派遣して、河西十一州を献じて、唐朝の版図にし、唐は沙州に、帰義軍を置き、彼を帰義軍節度使に任じた。
848年、張議潮将軍が吐蕃に対して勝利を得た時の凱旋図。莫高窟第156窟、唐末
  • 咸通2年(861年)、張議潮は、涼州を収復した。
  • 咸通8年(867年)、張議潮は入朝し、河西十一州の節度管内の観察処置等の使、金紫光禄大夫、検校吏部尚書、兼御史大夫、河西万戸侯に封じられた。
  • 咸通13年(872年)、張議潮は、長安で逝去した。

参考編集

  • 向達、『羅叔言「補唐書張議潮伝」補正』