影なき男 (1988年の映画)

影なき男』(かげなきおとこ、Shoot to Kill[注 1])は、1988年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はロジャー・スポティスウッド、出演はシドニー・ポワチエトム・ベレンジャーなど。

影なき男
Shoot to Kill
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 ハーブ・ジンメル
マイケル・バートン
ダニエル・ペトリ・Jr英語版
原案 ハーブ・ジンメル
製作 ロン・シルヴァーマン
ダニエル・ペトリ・Jr
製作総指揮 フィリップ・ロジャース
出演者 シドニー・ポワチエ
トム・ベレンジャー
音楽 ジョン・スコット
撮影 マイケル・チャップマン
編集 ジョージ・ボウワーズ英語版
ガース・クレイヴン
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年2月12日
日本の旗 1988年6月4日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $29,300,090[2]
テンプレートを表示

1934年アメリカ映画影なき男』(原題: The Thin Man)とは邦題が同じだが関係はない。

ストーリー編集

FBI捜査官スタンティン(シドニー・ポワチエ)は、サンフランシスコで発生した宝石店の盗難事件に出動した。警報器に引っかかりスピード逮捕された犯人は、あろうことか被害を受けた宝石店の店主だった。実は、店主の自宅に強盗が押し入り、店主の妻を人質に取って、閉店後の店舗からダイヤを取って来るよう要求していたのだ。スタンティンは、ダイヤと引き換えに人質を解放させようとするが、強盗犯のスティーブは人質を射殺し、ダイヤを手に逃走してしまった。

強盗犯のスティーブはカナダへ逃亡するために、国境付近の山岳地帯で釣り客のツアーに紛れ込んだ。捜査官スタンティンは、人質を死なせた自責の念から、地元のガイドを雇って徒歩でツアーを追おうと決心した。だが、ガイドのノックス(トム・ベレンジャー)は、都会育ちで山に不慣れなスタンティンに反発し、自分一人で後を追うと言い張った。強盗が紛れ込んだツアーに同行しているガイドは、ノックスの恋人サラ(カースティ・アレイ)だったのだ。

強盗犯のスティーブは邪魔な釣り客たちを次々と始末すると、ガイドのサラだけを拘束して、谷伝いのルートでカナダへ向かった。スタンティンとノックスは、二日の遅れを取り戻すために命がけで危険な吹雪の高山を越え、スティーブとの最後の対決に挑んで、無事にサラを救出するのだった。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、14件の評論の全てが高評価で、平均点は10点満点中7.08点となっている[3]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アメリカ合衆国以外での英題は『Deadly Pursuit』。

出典編集

  1. ^ Shoot to Kill” (英語). AFI Catalog of Feature Films The First 100 Years 1893 - 1993. AFI. 2021年1月7日閲覧。
  2. ^ Shoot to Kill (1988)” (英語). Box Office Mojo. 2011年1月12日閲覧。
  3. ^ Shoot to Kill (Deadly Pursuit) (1988)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年1月7日閲覧。

外部リンク編集