マイケル・チャップマン

マイケル・チャップマン(Michael Chapman, 1935年12月21日 - 2020年9月20日[1])は、アメリカ合衆国の映画撮影監督。

マイケル・チャップマン
Michael Chapman
生年月日 (1935-12-21) 1935年12月21日
没年月日 (2020-09-20) 2020年9月20日(84歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州 ニューヨーク[1]
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州 ロサンゼルス[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 エイミー・ホールデン・ジョーンズ英語版(脚本家)[1]
テンプレートを表示

略歴編集

ニューヨークに生まれ、マサチューセッツ州ウェルズリーで育った。コロンビア大学で英語を専攻した。

真夜中の青春』(1970年)、『コールガール』(1971年)[1]、『ゴッドファーザー』(1972年)[1]などの作品でカメラ・オペレーターとしてキャリアをスタートさせた。

1973年、ハル・アシュビー監督の『さらば冬のかもめ』で撮影監督デビュー[1]。その後『タクシードライバー』や『ラスト・ワルツ』、『レイジング・ブル[1]などマーティン・スコセッシの作品を多く撮影した。また、自身が撮影した作品に端役で出演していることが時々ある。

テラビシアにかける橋』の撮影を最後に現役を引退した。

2020年9月20日、カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅でうっ血性心不全のため死去。84歳没[1]

撮影作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i “『タクシードライバー』の撮影監督が死去”. 株式会社シネマトゥデイ. (2020年9月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0118736 2020年9月24日閲覧。 

外部リンク編集