影丸 穣也(かげまる じょうや、本名:久保本 稔、1940年1月3日 - 2012年4月5日)は、日本漫画家。代表作は『空手バカ一代』『ワル』など。旧ペンネームは影丸 譲也(読みは同じ)。

来歴編集

大阪市港区出身。幼少時に広島県倉橋島に移る。大阪市立市岡中学校を卒業後、職業訓練学校自動車整備士の免許を取得し整備工場に勤務するが、1年もせずに退職する。無職でぶらぶらしていた時期に貸本漫画屋で借りたさいとう・たかをの『空気男爵』に影響を受け、漫画を描き始める。日の丸文庫や東光堂に原稿を持ち込むなどの経緯を経て、1957年、単行本『怪獣男爵』(あたみ出版)でデビュー。日の丸文庫を中心に貸本漫画を執筆する。

1963年に上京し、東京都国分寺に居を構える。以降は『漫画王』や『週刊少年マガジン』などの漫画雑誌に執筆。代表作には『八つ墓村』『悪魔が来りて笛を吹く『(横溝正史の名探偵・金田一耕助の事件簿シリーズ)や『白鯨』『怪奇大作戦』『私は貝になりたい』『空手バカ一代』『ワル』など多数。2003年には『ワル・最終章』を成人雑誌に掲載。ペンネームを影丸穣也に変更。その後NHKの人気番組『プロジェクトX』やNHK大河ドラマ義経』の漫画版を制作。影丸穣也によって漫画化された後、映画化・Vシネマ化された作品も多数ある。また、漫画家としての活動以外に国際護道連盟の名誉顧問を務めた。

2012年4月5日膵臓のため逝去、72歳没[1]

作品リスト編集

(貸本時代)

  • 怪獣男爵(久保本實(実)名義)B6判単行本(あたみ社)
  • 怪竜湖の謎(影丸譲也名義)「魔像」10号(日の丸文庫)

(その他)

映画化作品編集

アシスタント編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ “漫画家の影丸穣也さん死去 「空手バカ一代」などの作画”. 朝日新聞デジタル. (2012年5月8日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0508/TKY201205080485.html?ref=rss4&ref=other 

外部リンク編集