彼女と彼 (1963年の映画)

彼女と彼』(かのじょとかれ)は、1963年に公開された羽仁進監督の日本映画である[1]

彼女と彼
Kanojo to kare
監督 羽仁進
脚本 羽仁進
清水邦夫
製作 小口禎三
中島正幸
出演者 左幸子
岡田英次
音楽 武満徹
撮影 長野重一
編集 土本典昭
製作会社 岩波映画製作所[1]
配給 日本アート・シアター・ギルド[2]
公開 日本の旗1963年10月18日[1]
上映時間 117分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第14回ベルリン国際映画祭に出品され、左幸子銀熊賞 (女優賞)を受賞した[3]

プロット編集

東京の中流階級の女性 石川直子(左幸子)は、スラム街を見下ろす丘の上にある新しいアパートに夫と住んでいた[1]

夫の英一(岡田英次)がビジネスマンとしての生活に巻き込まれるにつれ、直子は夫の人生の範囲が縮小しても自分の人生を拡大する方法を模索していた。

彼女は近所の貧困さがわかるにつれ安心感を失っていく。

目の見えない少女と犬と一緒にトタンの小屋に住む伊古奈(山下菊二)に不思議なことに惹かれ[1]、中流階級の住まいの安らぎが容赦なく失われていった。

スタッフ編集

以下のスタッフ名はKINENOTEに従った[1]

キャスト編集

受賞歴編集

以下の受賞歴は特に記載がない限りIMDbに従った[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y kinenote.
  2. ^ a b c 国立映画アーカイブ.
  3. ^ a b Berlin International Film Festival (1964) - IMDb”. IMDB.com. 2021年12月19日閲覧。
  4. ^ IMDB Awards for She and He (1963)”. IMDB.com. 2020年12月8日閲覧。
  5. ^ "1963年 第14回 ブルーリボン賞". allcinema. 2021年12月19日閲覧
  6. ^ "毎日映画コンクール 第18回(1963年)". 毎日新聞社. 2021年12月19日閲覧
  7. ^ "キネマ旬報ベスト・テン1963年・第37回". キネマ旬報社. 1963. 2021年12月19日閲覧

参考文献編集

外部リンク編集