徐 松(じょ しょう、Xu Song1781年1848年)、字は星伯は、朝の歴史家。

徐松

浙江省紹興出身。父に従って大興に遷った。1805年進士になり、翰林院编修となった。『永楽大典』からに関する部分を抽出し『宋会要輯稿』500巻を編纂した。またその他に『唐両京城坊考』を著した。その後湖南省の督学となった。[1]

1812年イリ地方に流され、イリ将軍松筠の知遇を得た。1815年アクストルファンウルムチを旅して、『新疆賦』を著した。1819年には地理書である『西域水道記』12巻を著した。同年に赦免され、1821年に『新疆識略』を編纂した。官は礼部郎中に昇った。

著書編集

  • 『新疆賦』。
編纂

脚注編集

出典編集

  • 『大清畿輔先哲傳』

注釈編集

  1. ^ 朱玉麒、『西域水道記』、P.2