メインメニューを開く

御井郡

福岡県(筑後国)にあった郡
福岡県御井郡の位置

御井郡(みいぐん)は、福岡県筑後国)にあった

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 久留米市の一部(概ね旭町、日ノ出町、東櫛原町、諏訪野町、東町、国分町、南、江戸屋敷、野伏間、藤光町、上津町以東かつ北野町各町、太郎原町、山川市ノ上町、山川町、御井町、高良内町以西[1]
  • 小郡市の一部(赤川、上西鯵坂、八坂、光行、平方以南)
  • 三井郡大刀洗町の一部(中川、冨多、菅野以南)

歴史編集

古代編集

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社。古代は三井郡とも表記された。

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
三井郡 3座(大2座・小1座)
高良玉垂命神社 タカンラノタマタレノ-
カワラ-
カハラ-
名神大 高良大社 福岡県久留米市御井町1 筑後国一宮 [1]
伊勢天照御祖神社 -アマテラスミオヤノ 伊勢御祖神社 福岡県久留米市御井町1 高良大社境内末社
(論)伊勢天照御祖神社 福岡県久留米市大石町312
豊比咩神社 トヨヒメノ 名神大 高良大社 福岡県久留米市御井町1 [2]
(論)豊姫神社 福岡県久留米市上津町 天満神社境内社
(論)豊姫神社 福岡県久留米市北野町大城
(参)八幡神社 福岡県久留米市北野町赤司
凡例を表示

近世以降の沿革編集

久留米城下(一部)[3]、府中町、出目村、宗崎村、高良内村、藤山村、藤田浦村、光勝寺村、上津荒木村、国分村、和泉村、下弓削村、神代村、阿志岐村、太郎原村、石崎村、上弓削村、草場村、鳥巣村、高良村、十郎丸村、今山村、中村、陣屋村、千代島村、中島村、塚島村、仁王丸村、稲数村、赤司村、山須村、乙丸村、乙吉村、大城村、鏡村、高島村、八重亀村、守部村、西原村、下西鯵坂村、上東鯵坂村、下東鯵坂村、赤川村、荒瀬村、宮地村、国分寺村、五郎丸村、高野村、小森野村、櫛原村、市上村、枝光村、野中村、東久留米村、森村、恋ノ段村、古賀村、八町島村、光行村、平方村、上西鯵坂村、安永村、染村、江戸村、新田村、下川村、徳次村、松木村、吉竹村、菅野村、友光村、千原村
  • 御井町 ← 府中町、出目村、宗崎村
  • 藤光村 ← 藤田浦村、光勝寺村
  • 足穂村 ← 和泉村、下弓削村
  • 山川村 ← 神代村、阿志岐村
  • 大杜村 ← 草場村、森村
  • 金島村 ← 鏡村、高島村
  • 八坂村 ← 上東鯵坂村、下東鯵坂村
  • 宮瀬村 ← 荒瀬村、宮地村、国分寺村
  • 合川村 ← 高野村、市上村、枝光村
  • 若松村 ← 恋ノ段村、古賀村
  • 中川村 ← 安永村、染村
  • 冨多村 ← 江戸村、新田村、下川村


  • 山須村が赤司村に、徳次村・松木村・吉竹村・友光村・千原村が菅野村にそれぞれ合併。
  • 8月21日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての御井郡が発足。「御井御原山本郡役所」が久留米に設置され、御原郡山本郡とともに管轄。それにともない久留米城下のうち三潴郡に属する区域の所属郡を本郡に変更。
 
1.国分村 2.上津荒木村 3.節原村 4.合川村 5.山川村 6.宮ノ陣村 7.弓削村 8.北野村 9.大城村 10.金島村 11.大堰村 12.高良内村 13.御井町 14.味坂村(紫:久留米市 桃:小郡市 赤:三井郡大刀洗町 *:発足時の久留米市 21 - 26は御原郡 31 - 34は山本郡)
  • 明治22年(1889年4月1日
    • 市制の施行により、久留米城下[4]および櫛原村[南薫通・国道両側]・東久留米村[国道両側添]・三潴郡白山村[縄手通筋]・西久留米村[小頭町字片原添]の区域をもって久留米市が発足し、郡より離脱。
    • 町村制の施行により、残部に以下の町村が発足。特記以外は全域が現・久留米市。(1町13村)
      • 国分村 ← 東久留米村[国道両側添を除く]、野中村、国分村、三潴郡西久留米村[小頭町字片原添を除く]
      • 上津荒木村 ← 上津荒木村、藤山村、藤光村
      • 節原村 ← 小森野村、櫛原村[南薫通・国道両側を除く]、合川村[一部]
      • 合川村 ← 合川村[大部分]、足穂村
      • 山川村 ← 山川村、太郎原村
      • 宮ノ陣村 ← 宮瀬村、五郎丸村、大杜村、若松村、八町島村
      • 弓削村 ← 上弓削村、石崎村、鳥巣村、高良村
      • 北野村 ← 十郎丸村、今山村、中村、陣屋村
      • 大城村 ← 大城村、乙吉村、乙丸村、赤司村、稲数村、仁王丸村、塚島村、中島村、千代島村
      • 金島村 ← 金島村、八重亀村、中川村[大部分]、守部村[一部]、冨多村[一部]
      • 大堰村 ← 菅野村、西原村、守部村[大部分]、冨多村[大部分]、中川村[一部]、竹野郡八幡村[字中洲]、三川村(現・三井郡大刀洗町)
      • 高良内村(単独村制)
      • 御井町(単独町制)
      • 味坂村 ← 平方村、光行村、八坂村、上西鯵坂村[字川向を除く]、下西鯵坂村、赤川村、御原郡福童村[字小福童][5](現・小郡市)
      • 上西鰺坂村の一部(字川向)が御原郡小郡村の一部となる[5]
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「御井御原山本郡役所」の管轄区域をもって三井郡が発足。同日御井郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  2. ^ 下記のほか古川開が記載されているが詳細不明。
  3. ^ 久留米城下各町の総称。城郭を境として東西で本郡と三潴郡にまたがる。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  4. ^ この時点では両替町、篠山町、京町、洗町、築島町、築島新町、今町、田町、魚屋町、細工町、呉服町、米屋町、片原町、鍛冶屋町、三本松町、新町、紺屋町、日吉町、櫛原町、通町、通外町、蛍川町、寺町、大隈村、苧扱川町、小頭町、荘島町、瀬ノ下町が存在。
  5. ^ a b 福童村字小福童は味坂村大字上西鯵坂に、上西鰺坂村字川向は小郡村大字福童にそれぞれ吸収されているため、現在の地名からは郡境は不詳。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三井郡