メインメニューを開く
御座楽の演奏(御座楽復元演奏研究会 提供)

御座楽(うざがく、おざがく)とは、琉球王国室内楽である。冊封使歓待を目的として発展した明清系の音楽である。その起源は16世紀頃まで遡るが、琉球王国の滅亡とともに伝承が絶え、幻の音楽となった。

目次

歴史編集

琉球王国では、中国(明や清)から冊封使が来たとき、あるいは徳川将軍に謝恩使や慶賀使を送る「江戸上り」のとき、中国系の音楽を演奏した。このうち、室内で座って合奏する音楽を「御座楽」と呼び、屋外で行列しつつ歩きながら合奏する音楽を「路次楽」(るじがく)と呼んだ。御座楽は荘重で優雅な雅楽であり、路次楽もチャルメラや太鼓などによる荘厳な鼓吹楽(こすいがく)であった。

琉球王国には中国から帰化した人々の子孫が集住する地域があり、彼らは「久米三十六姓」と呼ばれた。久米三十六姓の人々は、琉球国王の命令を受けて、中国本土(主に福建)に渡って留学し、中国語や、音楽などの中国文化を学習した。琉球の御座楽を伝承した楽師も、久米三十六姓の者が多かった。

「江戸上り」では、元服前の男児が、楽師から楽曲を仕込まれて、「楽童子」(がくどうじ)として御座楽を演奏した。みな三司官など良家の子弟で、将来を期待されたエリートであった。1653年の江戸上りから1850年の江戸上りまで、約200年の間に、70曲ぐらい演奏された。最大で6人のアンサンブルで、1回の演奏会で10曲ぐらい弾くことが多かった。器楽曲のほか、「明曲」「清曲」と記される唱曲も演奏された。

 
楽童子(昔の絵図から復元した衣装。本来は男児だが、女性が扮している)

江戸時代の琉球王国は、名目的には中国(、および次の)に服属したものの、実質的には日本の薩摩藩の支配を受けていた。琉球の使節団の「江戸上り」のとき、薩摩藩は琉球の音楽を演奏させた。薩摩藩は、江戸までの街道ぞいの人々に「路次楽」を聴かせ、将軍以下の江戸幕府の要人たちに「御座楽」の演奏を聴かせることで、自藩の支配力を顕示した。

東アジアの漢字文化圏の諸国では、日本も朝鮮もベトナムも、それぞれ中国伝来の宮廷音楽を「雅楽」としていた。琉球の御座楽もその一つであり、その品格と優美さは、日本本土の雅楽に勝るとも劣らぬものであった。

その後、明治の廃藩置県などがあり、琉球王国は消滅した。明治政府は琉球を「沖縄県」として併合したが、琉球王国の名目的な宗主国だった中国(当時は清)はこれに不満を表明した。このような微妙な国際関係も一因となって、沖縄における中国系音楽の伝統、特に「御座楽」は、明治時代に伝承が絶えた。「御座楽」の最後の上演記録は、1887年伊藤博文の前で演奏したのが最後である。

現状編集

御座楽に関する現存資料は少ない。

  • 楽器:「江戸上り」のとき献上された現物が、幸い、尾張徳川家(名古屋市・徳川美術館)と水戸徳川家(茨城県水戸市)に現存。また復元楽器が、首里城公園で展示。
  • 絵図:沖縄県立博物館蔵「琉球人座楽并躍之図」。1832年の尚育王の謝恩使の一行が、江戸の芝白金の島津邸で行った奏楽と舞踊、演劇の様子を描いた絵巻。
  • 曲目:『通航一覧』ほかの「江戸上り」の文献記録の中に、楽隊の編成や曲目名などが記載されている。
  • 楽譜:山内盛彬(やまうち せいひん 1890-1986)が、1912年に古老が口で歌った旋律を聞き取って採譜した楽譜(五線譜)の中に、御座楽の曲が3種類ほどあり、山内の『琉球王朝古謡秘曲の研究』(1964年)に収録されている。古老のおぼろげな記憶によるもので、しかもいずれも曲の途中で切れてしまっている。しかしながら、現在残っている御座楽の楽譜は、これだけである。
  • 歌詞:戦争で焼ける前の首里城で鎌倉芳太郎(かまくら よしたろう 1898-1983)がノートに筆写した歌詞が残っている(沖縄県立芸術大学附属図書館蔵「鎌倉芳太郎ノート54『唐歌唐踊集』」)。

中国本土には、御座楽で演奏されたのと同じ楽曲が現存しているはずであるが、御座楽のどの曲が中国本土のどの曲にあたるかについては、目下、学者たちが研究中である。

近年の沖縄県では、首里城復元などを機に、琉球王国の宮廷文化を再評価する機運が高まっている。首里城という「ハコ」が先にできたものの、ハコの中身である儀礼や音楽は空っぽであった。また、沖縄独自のアイデンティティーと国際交流の象徴として、「御座楽」を見直す風潮も出てきた。こうした時代の変化を受けて、現在、御座楽を復元する事業が行われている。

CD編集

  • CD「幻の琉球王府宮廷楽 御座楽」(財団法人 日本伝統文化振興財団 VZCG-681)
    編曲・演奏:御座楽復元演奏研究会
    録音日時:2007年3月31日
    監修・解説:比嘉悦子(日本語/英文解説つき)
    • 収録曲目
      1. 賀聖朝(唱なし/8ピース)
      2. 閙元宵(唱なし/フル)
      3. 太平歌(唱なし/7ピース)
      4. 太平歌(唱あり/フル)
      5. 蓮花落(唱なし/3ピース)
      6. 蓮花落(唱なし/フル)
      7. 一更里(唱あり/フル)
      8. 紗窓外(唱なし/5ピース)
      9. 紗窓外(唱あり/フル)
      10. 天初暁/清江引(唱なし/6ピース)
      11. 天初暁/清江引(唱あり/フル)
      12. 四大景(唱なし/フル)
      13. 閙元宵(唱なし/7ピース)

参考文献編集

  • 『沖縄と中国芸能』(喜名盛昭・岡崎郁子著、ひるぎ社「おきなわ文庫13」、1984年
  • 『御座楽』御座楽復元研究会調査研究報告書(沖縄県商工労働部観光文化局、1997年3月)
  • 『御座楽』御座楽復元研究会調査研究報告書II(沖縄県文化環境部文化国際局、2001年3月)
  • 『御座楽の復元に向けて─調査と研究─』(御座楽復元演奏研究会編、2007年12月)
  • 『山内盛彬著作集』全3巻(沖縄タイムス社)

関連項目編集

外部リンク編集