メインメニューを開く

概要編集

徳寿宮は本来、第9代国王・成宗の実兄の月山大君の邸宅として造営された。しかしその後、豊臣秀吉による文禄の役で義州に避難していた宣祖は、1593年にこの邸宅を、戦火で荒廃した景福宮のかわりの臨時の王宮とした。そのときは貞陵洞行宮と呼ばれた。さらに光海君が居住。そのときには「慶運宮(キョンウングン)」と命名された。

しかし、光海君が昌徳宮(チャンドクグン)に移ると顧みられることなく廃墟となった。

1897年高宗が慶運宮を改修し、1896年閔妃が暗殺され、高宗がロシア公館に避難する事件が起きてからは、慶運宮に高宗は居住した。以後高宗が退位する1907年まで日韓保護条約の締結など大韓帝国の歴史の舞台となった。高宗の次の皇帝純宗は長寿を祈願して「慶運宮」を「徳寿宮」と改名し、現在にいたる。

遺構編集

 
大漢門
 
1910年代の大漢門
 
中和殿
 
石造殿とイギリス式庭園
  • 大漢門 - 旧名「大安門」現在のものは1907年完成。正門である。王宮守門将交代式(衛兵交代式)が見られる。
  • 仁化門
  • 中和門
  • 中和殿
  • 昔御堂
  • 徳弘殿
  • 咸寧殿
  • 静観軒
  • 即祚堂
  • 浚明堂
  • 英国式庭園
  • 仰俯日 - 日時計である。
  • 石造殿
  • 石造殿別館
  • 光明門
  • 布徳門 - 旧名「平成門」。本来の布徳門はソウル市庁の近くにあったが失われた。布徳門の扁額を平成門に掛け今に至る。

周辺にある遺構編集

  • 重明殿 - 日韓保護条約を締結した建物。その後敷地が分断縮小されたため、現在は徳寿宮から離れた場所となった。

衛兵交代式編集

大漢門では衛兵交代式を見学できる。事前予約は不要である。

関連項目編集

外部リンク編集