徳島県道21号神山鮎喰線

日本の徳島県の道路
徳島県道21号から転送)

徳島県道21号神山鮎喰線(とくしまけんどう21ごう かみやまあくいせん)は、徳島県名西郡神山町から徳島市に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
徳島県道21号標識
徳島県道21号 神山鮎喰線
主要地方道 神山鮎喰線
地図
Tokushimaprefecural road 21 Kamiyama Akui line Interval.jpg
本道の区間
路線延長 18.5km
制定年 1976年
起点 名西郡神山町鬼龍野東分【北緯33度59分17.1秒 東経134度23分46.5秒 / 北緯33.988083度 東経134.396250度 / 33.988083; 134.396250 (県道21号起点)
終点 徳島市鮎喰町2丁目【北緯34度4分20.8秒 東経134度29分59.8秒 / 北緯34.072444度 東経134.499944度 / 34.072444; 134.499944 (県道21号終点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0438.svg 国道438号
Japanese National Route Sign 0192.svg 国道192号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
  • 陸上距離:18.504 km(平成29年徳島県道路現況調書)
  • 起点:徳島県名西郡神山町鬼龍野(国道438号交点)
  • 終点:徳島県徳島市鮎喰町国道192号交点)

歴史編集

  • 1959年1月31日 - 徳島県道神山国府線、広野鮎喰線として認定。[要出典]
  • 1972年3月10日 - 徳島県道123号神山国府線、徳島県道204号広野鮎喰線として再認定。[要出典]
  • 1976年10月5日 - 123号の一部と204号を統合、徳島県道21号神山鮎喰線として認定。[要出典]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道神山鮎喰線が神山鮎喰線として主要地方道に指定される[1]
  • 2009年10月22日 - 養瀬トンネル開通[要出典]
  • 2015年3月 - 神山町内全線2車線化完成[要出典]

路線状況編集

神山町広野付近に1.5車線程度の狭隘区間が存在したが、2015年3月までにこの区間は2車線に改良された。そのほかの区間は神山町養瀬の旧道区間を除けば概ね2車線の快走区間になっている。

重複区間編集

橋・トンネル編集

 
養瀬トンネル
  • 養瀬トンネル (531m)
  • 養瀬高架橋 (307m)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

編集

 
立見峠

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集