メインメニューを開く

徳川 慶昌(とくがわ よしまさ)は、江戸時代後期の御三卿一橋徳川家の6代当主。

 
徳川慶昌
時代 江戸時代後期
生誕 文政8年3月14日1825年5月1日
死没 天保9年5月14日1838年7月5日
改名 初之丞(幼名)、慶昌
戒名 英徳院殿出渓義玄大居士
官位 従三位左近衛権中将刑部卿、贈参議
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏徳川将軍家一橋徳川家
父母 父:徳川家慶、母:押田氏(清涼院
養父:徳川斉位
兄弟 家定慶昌暉姫 他多数
なし
養子:慶壽

生涯編集

文政8年(1825年)3月14日、第12代将軍徳川家慶の五男として江戸城で生まれる。幼名は初之丞。兄には第13代将軍となる家定がいる。

天保3年(1832年)、祖父である第11代将軍・家斉の正室・広大院市田義宜(広大院の甥で薩摩藩家老)を通じて藩主・島津斉興(広大院にとって義宜と同じく甥にあたる)に、嫡子・斉彬の養子に初之丞を入れるよう持ちかけたことがあった。しかし義宜と斉興が広大院に対し断りを入れたため、これは実現しなかった。

天保8年(1837年)5月4日に一橋家当主・斉位の末期養子となり、同年6月6日に当主に就く。同年8月19日に元服し、父・家慶から偏諱を受けて慶昌と名乗り、従三位左近衛権中将刑部卿に叙された。

しかし翌天保9年(1838年)5月14日、当主就任から1年を迎える前に14歳で夭折した。法号は英徳院殿出渓義玄大居士。天保15年(1844年)5月4日に参議が追贈された。嗣子は無かったため、田安徳川家当主・徳川斉匡の五男・慶壽が養子となって跡を継いだ。

なお、幼き日の勝海舟が慶昌の遊び相手に取り立てられており、海舟の伝記にはたいてい登場する。

出典編集

  • 『徳川諸家系譜3』