志村正彦

日本のミュージシャン

志村 正彦(しむら まさひこ、1980年7月10日 - 2009年12月24日)は、日本ミュージシャンロックバンドフジファブリックの元ボーカリストおよびギタリスト

志村 正彦
出生名 志村 正彦
生誕 (1980-07-10) 1980年7月10日
出身地 日本の旗 日本山梨県富士吉田市
死没 (2009-12-24) 2009年12月24日(29歳没)
学歴 山梨県立吉田高等学校
ジャンル J-POP
ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2000年 -2009年
レーベル 東芝EMI
EMIミュージック・ジャパン
2004年 - 2009年)
共同作業者 フジファブリック
公式サイト FUJIFABRIC.com

概要編集

  • フジファブリックに在籍中は大半の楽曲の作詞、作曲を担当していた。
  • 小学校から中学校にかけては野球少年だったが、中学時代に渡辺隆之(フジファブリックの初期メンバー)に誘われて行った奥田民生のライブを見て音楽の道を志す。それからは奥田を筆頭に、奥田の話すリスペクトミュージシャンを聴きこむ。比較的進学率の高い学校に通っていたため、「奥田のせいで道を外れた」と笑いながら冗談交じりに回想したこともある[1][2]。その他にシェリル・クロウレッド・ツェッペリンAC/DCブラック・サバスなどの1960 - 70年代のロックを聞き親しんでいた[3]
  • 氣志團綾小路翔星グランマニエ西園寺瞳はライブハウスのバイトの先輩だった。彼らの楽曲である「One Night Carnival」のインディーズ版には、志村がコーラスとして参加している[4]
  • 奥田民生、氣志團の綾小路翔をはじめ、多くのアーティストからは天才と称されている。
  • クボケンジ(メレンゲ)と親交が深く、同じマンションに住み、互いの家に遊びに行く間柄であった。お互いにメンバー以外で親友と呼べる唯一の存在であったことを公言している[5][6]
  • 生前「志村會」という飲み会を開いており、志村のお別れ会の名称の由来にもなっている[7]
  • 透き通った女性ボーカルが好きで、勧められた坂本真綾の曲を好んで聴いていたという。なお、坂本もフジファブリックのファンで坂本の楽曲に山内が参加している[8]
  • 乗ろうとすると気分が悪くなるため、電車や飛行機には乗れないと語っている[9]
  • 2009年12月24日、29歳で没。前日から連絡が取れず、マネージャーが自宅を訪れた所、既にパソコンの前で事切れていたという。翌日、訃報と「病名(死因)不詳」との情報が公式サイトより出された。法名は「釈響正」。翌年1月21日、お別れ会「志村會」が開催された。
    • 死因については不整脈も疑われている。また、過酷な状況に自分を追い込んで制作にあたる事が多く、それによる心身への負担も原因の一つではないかとされている。

没後編集

  • 2013年8月、NHK総合にて「情報まるごと まるごと山梨 “がんばる甲州人”~フジファブリック志村正彦さん~」が放送[10]
  • 2014年7月12日・13日、山梨・山梨県立図書館にて「ロックの詩人 志村正彦展」が開催[11]
  • 2020年1月23日、NHK BS1「にっぽん ぐるり」にてNHK甲府放送局が制作したドキュメンタリー「ヤマナシ・クエスト 若者のすべて~フジファブリック 志村正彦がのこしたもの~」が再放送[12]
  • 2020年2月11日、NHK総合にて「ひとモノガタリ『若者のすべて~失われた世代のあなたへ~』」が放送[13]
  • 2021年11月15日、第24回 「芙蓉文化賞」に選出[14]
  • 2021年12月22日、地元の同級生の取り組みにより富士急行線下吉田駅の列車接近音としてフジファブリックの楽曲が使用される[15]

使用機材編集

ギター編集

  • Fender Telecaster 1968(Blonde)
    インディーズ時代からのメインギター。「友人から借りたまま返していないもの」という説がある。
  • Fender Stratocaster
    黒・白・サンバーストなど複数本を所有。主に半音下げチューニングで使用された。志村が死去した後も、2010年に行われたフジフジ富士Qや、2014年の武道館公演などで山内によって使用されている。
  • Fender Mustang(赤)
    晩年(2007~09年)に使用。『Sugar!!』のMVにも登場している。チューニングが狂わないようトレモロを固定している。
  • Gibson Les Paul Special(TV Yellow)
    高校生の時に貯金をはたいて買った「初の10万円越えギター」。ライブで使用しているほか、『モノノケハカランダ』『茜色の夕日』のMVに登場している。また、ケースに「フジスペシャル」と書かれたテープが貼ってある。一度ネックが折れている。
  • Gibson Les Paul Standard 1959 Historic Collection(サンバースト)
    2007年に購入。晩年まで使用。
  • Gibson J-50 1965
    Birthday』MVで使用。2007年に下取りされた。
  • Gibson B-25
    若者のすべて』MVで使用。
  • Epiphone TEXAN 1965?
    若者のすべて』MVで使用。
  • HONEY Happening(年代不明)
    』MVで登場したビザールギター。もとは父親の所有物で、実家の倉庫にあったこのギターをアンプに繋いでみたのが志村の初めての“音出し”であったという。
  • Gretsch Duo Jet(Black)
    Surfer King』PVで使用。

アンプ編集

  • Matchless DC-30
    当時日本に3台しか無かった初期モデルで、車が買えるほど高価なものだった。ライブ中に山内が転倒した際に破損したことがある(ヒューズ交換で修復された)。
  • VOX AC-30
    計4台所有。
  • Fender deluxe reverb'67 black panel
  • Marshall JTM45
    30wという珍しい機種。

他アーティストへの提供曲編集

書籍編集

  • 東京、音楽、ロックンロール(2009年5月16日、9784860520809、ロッキング・オン)[16]
  • 東京、音楽、ロックンロール 完全版(2011年1月28日、9784860520946、レーベルロッキング・オン)[17]
  • 志村正彦全詩集(2011年2月22日、9784891948801、パルコ出版)[18]
  • 志村正彦全詩集 新装版(2019年8月29日、9784865063073、パルコ出版)[19]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ROCKIN'ON JAPAN』、ロッキング・オン、2009年8月号、95-99。
  2. ^ 『フジファブリック』 SPECIAL INTERVIEW
  3. ^ FAB BOOK : フジファブリック(角川マガジンズ、 2010年)「Personal Interview」より
  4. ^ 氣志團 COUNTDOWN JAPAN 09/10 レポート
  5. ^ 志村正彦 2009年12月27日 クボ「O.N.E DAY」
  6. ^ 2009-09-27 「志村日記2」
  7. ^ フジファブリック・志村正彦さんのお別れ会「志村會」開催 2010年1月21日 オリコン
  8. ^ 宮本ゆみ子Twitterでの発言(2011年1月19日)
  9. ^ 音楽と人』の本人インタビュー、『東京、音楽、ロックンロール』より
  10. ^ フジ志村正彦を特集したNHK甲府の番組が全国でオンエア - 音楽ナタリー
  11. ^ 山梨でフジファブ志村正彦展、機材や自筆歌詞など公開 - 音楽ナタリー
  12. ^ 没後10年、フジファブリック志村正彦の軌跡に迫るNHK甲府局特番を全国放送 - 音楽ナタリー
  13. ^ フジファブリック志村正彦と、彼が残した曲を支えに生きる人たち描くNHKドキュメンタリー - 音楽ナタリー
  14. ^ フジファブリック志村正彦が「芙蓉文化賞」受賞 - 音楽ナタリー
  15. ^ フジファブリック楽曲が志村正彦の地元・下吉田駅の駅メロに、同級生の富士急行社員が発案 - 音楽ナタリー
  16. ^ フジファブ志村、初単行本で5年間の軌跡を振り返る - 音楽ナタリー
  17. ^ フジファブ志村「東京、音楽、ロックンロール」完全版刊行 - 音楽ナタリー
  18. ^ フジファブリック志村正彦の歌詞をすべてまとめた詩集刊行 - 音楽ナタリー
  19. ^ フジファブリック志村正彦の歌詞をすべて収録した詩集の新装版発売、手稿を追加収録 - 音楽ナタリー

関連項目編集