メインメニューを開く

性科学映画(せいかがくえいが)は、1960年代から1970年代にかけて西ドイツを中心に製作された映画のジャンルである。英語では「White coaters」(白衣の映画、白衣の医者や科学者などが登場することから)とも呼ばれる。

目次

概要編集

性医学性科学心理学解剖学衛生学生理学を用いて、ドラマ仕立てで正しい性知識を啓蒙しようとした性教育的要素の強い映画であり、キンゼイ博士のレポートやその他性医学書を元に製作された映画を1960年代は性科学映画と呼んだ。観客はドラマ部分に登場する若い女性の裸体に興味を集中させたが、性科学映画は医学者やコンサルタントらの監修を受けて製作されており、科学者らによる解説や顕微鏡写真などのドキュメンタリー部分が映画の中の大きな位置を占めている。

ただし当初は至って大変真面目な理由で製作されていた映画も、裸を見たい観客に向けた見世物的観点やセンセーショナリズムによる描写が増え科学的・教育的な要素はどんどん希薄になり、挙句の果てにはポルノまがいの映画になっていった。一種のセクスプロイテーション映画、あるいはモンド映画としても消費された。

1970年代に入るとセックスを語ることはオープンになり、セックスを描く映画は性教育用という言い訳を必要としなくなった。この時期、ストレートなポルノ映画が全盛期を迎えたことからブームは下火になった。

主な性科学映画編集

発祥・原型編集

  • 性病の恐怖 Eva und der Frauenarzt (1959) ブーム以前に作られた啓蒙映画。性科学映画の原点とも言うべき作品。

日本では編集

また、日本では性科学映画ブーム以前に、既に 1958年に「受胎の神秘」という映画を日映科学映画製作所[1]山之内製薬協力の元制作していた。保健的かつ受精時におけるメカニズムの神秘を医科学的に真正面から撮り上げたものだった。他にも教育・啓蒙映画として、売春や人身売買の実態を描いた1953年の『煉獄に咲く花』と青春時代の性のあり方を考える1978年の『性と青春』その他『女は下着で作られる』(制作年不明)がある。

日本未公開の性教育&啓蒙映画編集

※全て1940年代末頃から60年代に掛けてに製作された性教育映画

性科学者の伝記モノ作品編集

その他関連映画編集

脚注編集

関連本編集

参考文献編集