怪人かいじん)とは、怪しい人物、または奇怪な能力を持つ人物を指す言葉。狭義では冒険活劇、特にテレビ特撮番組に登場する「特殊能力を持った悪人」を指す。本稿ではこの怪人について記述する。

目次

怪獣との区別編集

怪獣と怪人に明確に区別はない。怪人の種族名に「獣」と入れる場合がある(『スーパー戦隊シリーズ』など)。逆に、『ウルトラシリーズ』に登場する宇宙人のように怪獣とまとめられているものもある。

等身大であり人間としての属性を保っているもの(人型である・直立歩行する・言語を解するなど)を怪人と称し、巨大で強力な生物を怪獣とすることが多い。

歴史編集

昭和5年(1930年)に紙芝居で発表された『黄金バット』に登場した「ナゾー」は四つ目と鉤爪の宇宙人だった。

昭和11年(1936年)に江戸川乱歩が少年向けに発表した探偵小説『怪人二十面相』では、悪役が怪人を名乗っている。この名称は元々「怪盗」とするところを、当時の児童向け作品の倫理規定で「盗」の字を使えず「怪人」とされた(怪人二十面相#人物も参照)。二十面相は変装が得意で、他人に成りすますという技術を駆使して美術品を奪ったり愉快犯的犯罪を行う。

昭和33年(1958年)には『月光仮面』に悪役として「ドクロ仮面」や「サタンの爪」が登場している。彼らは犯罪組織の首領で普通の人間であるが、奇怪な仮面をつけていることで怪人としてのキャラクターを確立している。

昭和46年(1971年)には『仮面ライダー』が製作される。それまでのテレビ作品での怪人はいずれも「怪人二十面相」などの江戸川乱歩作品のキャラクターを踏襲し、奇怪な覆面をした人間であったのに対し、『仮面ライダー』では異様な容姿である理由として改造人間という要素が導入された。特撮番組では『仮面ライダー』のショッカーの改造人間がそのキャラクターを確立し、ヒーローに敵対する組織の配下として登場しさまざまな悪事を行う。

代表的な怪人の例編集

仮面ライダーシリーズの怪人については仮面ライダーシリーズ登場怪人一覧を参照、スーパー戦隊シリーズの怪人についてはスーパー戦隊シリーズ登場敵対勢力一覧を参照。

改造人間/サイボーグ
サイボーグ#サイボーグを主題にした作品も参照。
  • 昭和仮面ライダーシリーズの敵(一部例外アリ)[1]
    怪人のデザインや能力は組織や作品ごとでコンセプトが異なっており、それらについては各作品を参照。また『スカイライダー』や『仮面ライダースーパー1』の敵組織の上層部は地球外生命体であり、『BLACK』の続編『BLACK RX』の敵は異次元の敵であるなど世界観が同じでもサイボーグではない敵もいる。
  • 黒十字軍仮面怪人(『秘密戦隊ゴレンジャー』)
  • アクマ族(『アクマイザー3』)
    名前のモチーフは「悪魔」であり、人間からも「悪魔」と思われていたが、実は過去にサイボーグ化して地底に移り住んだ人間たち。
人造人間/ロボット
人造人間#人造人間の登場するフィクションロボット#ロボットが登場する作品なども参照。
地球外生命/宇宙人
宇宙人#宇宙人が登場する作品も参照。
妖怪
人間型でない形態のものも多い。妖怪#妖怪を題材にした作品も参照。
人類の進化形態
  • ファントム軍団(『イナズマン』) & デスパー軍団(『イナズマンF』)
    ファントムおよびデスパーの怪人は新人類(超能力者)にサイボーグ手術を施した改造人間である。
  • オルフェノク(『仮面ライダー555[1]
    一度死亡した人間が人外の存在として覚醒したもの。すなわち人間の死=怪人の誕生とされる。
邪念や欲から誕生したもの
特撮やアニメでは、怪人そのものというより組織の頂点に立つ者(特に上記の妖怪達の長など)の正体として描かれることが多い。『忍者戦隊カクレンジャー』の妖怪軍団については、上記の「妖怪」を参照。
物体や他の生物への憑依寄生
一般人が特殊な装置により変身

パロディ編集

スポーツ選手編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 登場作品以降の関連作品(リメイク作品やクロスオーバー作品)にも登場。
  2. ^ WWE.com: Undertaker”. WWE. 2013年8月18日閲覧。
  3. ^ 4・1WWE『レッスルマニア28』速報 怪人アンダーテイカー前人未到WM20連勝 ロック様一年越しJシナとの決着戦に勝利”. ファイト!ミルホンネット. 2013年8月18日閲覧。