メインメニューを開く

恋におちたシェイクスピア (劇団四季)

恋におちたシェイクスピア』(こいにおちたシェイクスピア、Shakespeare in Love)は、アメリカ映画『恋におちたシェイクスピア』を原作として劇団四季が制作および上演するストレートプレイ作品である。

恋におちたシェイクスピア
初演 2018年6月22日
テンプレートを表示

目次

概要編集

2017年11月14日に上演決定が発表され[1]、12月末に四季芸術センターにて劇団内オーディションが実施された。2018年1月31日には、ウィリアム・シェイクスピア上川一哉クリストファー・マーロウ田邊真也、ヴァイオラ・デ・レセップス役山本紗衣、リチャード・バーベッジ役阿久津陽一郎、ウェセックス役飯村和也、ヘンズロウ役神保幸由、フェニマン役志村要エリザベス女王中野今日子、ティルニー役味方隆司乳母増山美保、ネッド・アレン役神永東吾、ウェブスター役平田了祐が出演候補キャストとして発表された。

スタッフ編集

キャスト編集

※未上演

上演記録編集

脚注 編集

外部リンク編集