メインメニューを開く

恐怖女子高校 女暴力教室 』( きょうふじょしこうこう おんなぼうりょくきょうしつ )は、1972年に製作された日本映画鈴木則文監督作品。恐怖女子高校シリーズ第1作。R-18指定作品。

恐怖女子高校 女暴力教室
監督 鈴木則文
脚本 掛札昌裕
関本郁夫
鈴木則文
出演者 杉本美樹
三浦夏子
須藤リカ
金子信雄
名和宏
松井康子
大泉滉
池玲子
音楽 八木正生
主題歌 須藤リカ「冷えた世代」
撮影 鈴木重平
編集 堀池幸三
製作会社 東映(京都撮影所)
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1972年9月29日
上映時間 79分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 恐怖女子高校 暴行リンチ教室
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

聖光女子学園には二つのスケ番グループがあり、一方を牛耳るのが中田みち子。 これと対立するのが理事長の妾の娘澄子である。

そんな学園に尾野崎由紀が転校してきた。 彼女は昔、「乱れ菊のお由紀」と呼ばれた伝説のスケ番だったが、今は更生している。 由紀は、みち子らにリンチを受けたことがきっかけで、優等生の岬洋子としたしくなる。

一方みち子は、熱血教師吉岡のことを逆恨みし、男友達をつかって、吉岡の恋人をレイプしてしまう。 そこに現れた由紀はレイプを止めさせ、みち子にタイマンを申し出る。 二人は ビーナスブリッジ の上で対決するが、引き分けに終わる。

そんななかで、岬洋子の妊娠が判明した。 相手は、学園の理事長の息子郡丈夫。 彼女は郡丈夫に結婚をもとめるが、郡は冷たく堕胎をすすめる。 のみならず澄子らにリンチにかけられ、洋子は流産してしまう。 絶望した洋子は、校舎から飛び降り自殺する。

その後、かねてから不仲だった澄子ひきいるグループと、みち子のグループが決闘することになった。 しかし事情を知った由紀がみち子に加勢し、澄子に猟銃を突きつける。 澄子らは河原で全裸にされ、土下座して天国の洋子に詫びさせられる。

実は理事長の郡大作はあくどい金貸しで、由紀の両親はそのために自殺に追い込まれた過去があった。 由紀はその復讐を果たすために、聖光学園に転校してきたのだ。 郡大作と妾、郡丈夫の三人は、みち子と由紀らに、猟銃を突きつけられる。 復讐を終えた由紀らはセーラー服を脱ぎすて、退学を宣言するのだった。

キャスト編集

同時上映編集

シリーズ編集

脚注編集

外部リンク編集