悲しみは果てしなく

悲しみは果てしなく」(原題: It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry)は、ボブ・ディランの楽曲。『追憶のハイウェイ 61』(1965年)に収録。

悲しみは果てしなく
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム追憶のハイウェイ 61
リリース1965年8月30日
録音ニューヨーク、コロムビア・レコーディング・スタジオ(1965年7月29日)
ジャンルロック
時間3分25秒(モノラル)
4分09秒(ステレオ)
レーベルコロムビア・レコード
作詞者ボブ・ディラン
作曲者ボブ・ディラン
プロデュースボブ・ジョンストン
追憶のハイウェイ 61 収録曲
Side 1
  1. ライク・ア・ローリング・ストーン
  2. 「トゥームストーン・ブルース」
  3. 悲しみは果てしなく
  4. 「ビュイック6型の想い出」
  5. 「やせっぽちのバラッド」
Side 2
  1. 「クイーン・ジェーン」
  2. 「追憶のハイウェイ61」
  3. 親指トムのブルースのように
  4. 「廃墟の街」
ミュージックビデオ
「It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry」 - YouTube

概要編集

1965年6月15日に最初の録音がなされる。録音スタジオはニューヨークのコロムビア・レコーディング・スタジオ。この時点でのプロデューサーはトム・ウィルソンであった[1]。当初のタイトルは「Phantom Engineer」といった[2]。この日録音されたアップテンポのバージョンはその後いくつかの「ブートレッグ・シリーズ」に収録された。

同年7月29日録音のテイク18がアルバム『追憶のハイウェイ 61』に収録される。プロデューサーはボブ・ジョンストンが務めた。演奏者はマイク・ブルームフィールド(ギター)、フランク・オーウェンズ(ピアノ)、ボビー・グレッグ(ドラムズ)、ラス・サヴァカス(ベース)。なお同日録音の他のテイクではアル・クーパーがオルガンを弾いていたが、最終的にはオルガンのないバージョンが選ばれた[3]

主な別バージョンは以下のとおり。

タイトルの「It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry」は歌詞には出てこない。

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ Still On The Road 1965 - Studio A Columbia Recording Studios New York City, New York 15 June 1965
  2. ^ Andy Gill (1998). Don't Think Twice It's Alright. p. 85. ISBN 1-56025-185-9 
  3. ^ Still On The Road 1965 - Studio A Columbia Recording Studios New York City, New York 29 July 1965