愛のテーマ (ゴッドファーザー)

ゴッドファーザー 愛のテーマ』(Love Theme from The Godfather)は、ゴッドファーザー三部作の第1作で、1972年の映画「ゴッドファーザー」のために作曲された。 インストゥルメンタルのバージョンの時はシンプルに「ゴッドファーザー愛のテーマ」として知られ、英語ボーカルのバージョンの時には「Speak Softly Love」と呼ばれる。作詞Larry Kusik、作曲ニーノ・ロータ

日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1972年7月17日付から14週連続1位を獲得し、1972年の年間チャート1位となった[1]

映画版の歌詞では、「ゴッドファーザーPARTIII」でコルレオーネの息子が歌ったシチリア民謡「 Brucia La Terra 」(太陽は燃えている)とある。ただし曲は多少違ってはいるがほとんど同じである。

目次

カバー編集

最初はアンディ・ウィリアムスによって歌われ、ボビー・ヴィントンなど多くのアーティストによってカバーされている。

日本では、尾崎紀世彦が「ゴッドファーザー~愛のテーマ」としてカバーしてヒットした。

各種編曲例
ハードロック
ライブのソロ・コーナーで披露されるのが恒例となっている。
レゲエ
Surf rock
スカ
メタル・ロック
異なるタイトルでのカバー
Parla Più Piano
Parle plus bas (Le Parrain)
ウクライナ語: Скажи, що любиш (Skazhi schyo lyubish 、「愛していると言ってくれ」の意)
ウクライナ語バージョン。ミュージカル映画Pesnya vsegda s nami(「歌はいつも我らとともに」の意)で歌われた。
これはソビエト連邦当局がアリオラ・レコード(現ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国))の申請に対し、「ゴッドファーザー」サウンドトラックにオリジナル英語バージョンの登録許可を出さなかったためである。
Govori Tiše
テレザ・ケソヴィヤユーゴスラビア)による改作。
その他、各国語版の作詞者

その他編集

  • ニーノ・ロータは映画「ゴッドファーザー」で1973年アカデミー作曲賞にノミネートされていたが、かつてロータ自身が作曲を担当したEduardo De Filippo作のコメディ「Fortunella」のテーマを流用したことが発見され、土壇場で候補から下ろされた。「Fortunella」のテーマは、はぎれのよいスタッカートのコメディ・スタイルで演奏されていたが、メロディーは「ゴッドファーザー」の「愛のテーマ」とほぼ(※)同じである。そのためオスカーの受賞は見送られた[3]。このような事情があり、1972年と同じ愛のテーマを使用したにもかかわらず、ゴッドファーザーPARTIIは1974年のアカデミー作曲賞を受賞している。

※ゴッドファーザーではただし前半と後半部分のみを転用したのであって、中間部分は民謡からの転用である。 しかしFortunellaでは有名な小節部分の繰り返しである。その前後は独立している。

  • イタリアのStebel社の自動車用ミュージックホーンにはこの曲を演奏することができ、日本では1980年代に暴走族がこれを使ったことでも知られ、現在の暴走族と言えばこの曲の冒頭出だしのメロディーのイメージが定着している(韓国にも暴走族がいるが、その際にも共に広まっている)。

参照編集

「ゴッドファーザー 愛のテーマ」が2004年、コロムビア・ソニーBMG のノルウェーの歌手 Rein Alexander により録音された。 アルバムはノルウェーだけでダブル・プラチナとなった。

脚注編集

外部リンク編集