メインメニューを開く

愛知県道429号・静岡県道293号古真立佐久間線

日本の愛知県と静岡県の道路
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
愛知県道429号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
静岡県道293号標識
新豊根ダム付近の大入トンネル北側坑門(愛知県北設楽郡豊根村古真立)
終点付近第3トンネル、県境付近であり両県の標識が併存。(愛知県北設楽郡東栄町下モ山)

愛知県道429号・静岡県道293号古真立佐久間線(あいちけんどう429ごう・しずおかけんどう293ごう こまだてさくません)は、愛知県北設楽郡豊根村から静岡県浜松市天竜区に至る一般県道である。長期に亘って不通区間が存在する。

概要編集

2県にまたがる県道であるが、大半の区間が愛知県内を走り、静岡県区間は終点近くの橋のみである。

路線データ編集

沿革編集

接続路線編集

この間長期通行止め

通過する自治体編集

沿線周辺編集

注意点編集

 
不通区間(大入トンネル南側出口付近、2006年)
  • 当路線は長期に亘り、林道豊富線分岐点から終点まで10.8kmの区間が豪雨による崖崩れや落石の危険から車両通行止めとなっており、起点から終点に至るためには愛知県道428号古真立津具線 - 国道151号または長野県道・愛知県道74号阿南東栄線 - 国道473号に迂回する必要がある。

関連項目編集