メインメニューを開く

愛知貰い子殺人事件

愛知貰い子殺人事件(あいちもらいごさつじんじけん)は、1913年大正2年)6月4日に発覚した、愛知県愛知郡愛知町日置若狭に在住の坂倉しげ(45歳)を主犯とする大量殺人事件である。

目次

発覚まで編集

主犯のしげは、伊勢藤堂藩士の娘として生まれた。結婚して坂倉家の女となった[1]1898年より私生児を40 - 50円の養育費と共に引取り、その私生児を次々と殺害していった[1]。1913年(大正2年)5月には既に200人ほど殺害していた[1]日露戦争時には夫が出征、死亡するなどして、未亡人となった女性の子供を次々と引き取り、殺害した[1]。犯行の足がつかないように2、3人殺すごとに引越しを繰り返していた[1]共犯者の沖つた(45歳、名古屋市中区在住)[2]と猪飼なか(62歳、愛知郡天白村平針在住)[2]は浮気相手を連れ込むための隠れ家で貰い子を殺害した[3]。子供を40円で預けたある芸妓は、子供の顔を見ようと何度もしげのもとを訪れたが会えず[1]。不審に思い警察に相談[1]。しげは警察に逮捕された[1]。逮捕の10日後、新聞によって一般に公表された[1]

犯人の処分編集

1914年(大正3年)6月29日、坂倉しげ・沖つた・猪飼なかの3人に死刑が言い渡された。同年10月21日に死刑が確定。1915年(大正4年)9月9日に死刑が執行された[2]

類似案件の摘発編集

佐々木すし(55歳)ら10名が検挙され、熱田界隈で32名が貰い子殺しの犠牲となったことが同年6月27日に判明[4]。このうち鈴木のぶ(62歳)ら4名が貰い子170名を斡旋していた[4]。6月30日滋賀県愛知郡豊国村の中西与惣松(68歳)ら3名が共謀し、9年前から貰い子殺人を繰り返しており、警察の取り調べを受けていたことが発覚[5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 大阪毎日新聞 1913年6月4日
  2. ^ a b c 官報. 1915年09月14日
  3. ^ 大阪毎日新聞 1913年6月12日
  4. ^ a b 大阪毎日新聞 1913年6月27日
  5. ^ 大阪毎日新聞 1913年6月30日