メインメニューを開く

戦後派お化け大会』(せんごはおばけたいかい)は、1951年(昭和26年)8月3日公開の日本映画である。佐伯清監督作品。

戦後派お化け大会
監督 佐伯清
脚本 井手俊郎井上梅次
原作 石坂洋次郎
「石中先生行状記」より
製作 金子正且、山崎喜暉
出演者 宮田重雄
小林桂樹
音楽 黛敏郎
撮影 横山実
編集 後藤敏男
製作会社 新東宝
藤本プロダクション
配給 新東宝
公開 日本の旗 1951年8月3日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 石中先生行状記
次作 石中先生行状記 青春無銭旅行
テンプレートを表示

概要編集

東北の小さな町を舞台にした石坂洋次郎原作「石中先生行状記」中の一編の映画化。前年に公開された、成瀬巳喜男監督「石中先生行状記」の続編となる第2作(全3部作)。オムニバスだった前作に比べ、一編の中に様々な青春模様や、素朴な人情ドラマが展開する。

あらすじ編集

ある小さな町では、石中先生の帰省にあわせ、青年文化グループが夏祭りに向けて劇の発表をしようと大張切りだったが、資金不足のため、巡業の見世物、お化け屋敷でアルバイトをすることに。お化けは一同の奮闘で、大入満員の大成功であったが、その隣のサーカス小屋には消息を絶っていたはずの謙二が哀れにも身をやつしていた。

作品データ編集

  • 上映時間(巻数 / メートル) : 102分(10巻 / 2,795メートル)
  • フォーマット : 白黒映画 - スタンダード・サイズ(1.37:1) - 24fps - モノラル録音
  • 公開日 :  日本 1951年8月3日
  • 配給 : 新東宝

なお、東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリント等を所蔵していない[1]

スタッフ編集

出演編集

脚注編集

外部リンク編集