小林桂樹

日本の俳優(1923−2010)

小林 桂樹(こばやし けいじゅ[1]1923年大正12年〉11月23日[1] - 2010年平成22年〉9月16日)は、日本俳優。サラリーマン喜劇から社会派ドラマまで幅広く活躍し、その生涯において253本の映画に出演した。

こばやし けいじゅ
小林 桂樹
小林 桂樹
『アツカマ氏とオヤカマ氏』(新東宝、1955年)スチル写真より
本名 小林 桂樹
生年月日 (1923-11-23) 1923年11月23日
没年月日 (2010-09-16) 2010年9月16日(86歳没)
出生地 日本の旗 日本群馬県群馬郡室田町
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1942年 - 2010年
配偶者 あり(2007年死別)
主な作品
テレビドラマ

映画

吹き替え
 
受賞
ブルーリボン賞
主演男優賞
1964年われ一粒の麦なれど
その他の賞
紫綬褒章
勲四等旭日小綬章
毎日映画コンクール
男優主演賞
1958年『裸の大将』
1960年黒い画集 あるサラリーマンの証言
1963年白と黒』、『江分利満氏の優雅な生活』
1999年あの、夏の日 とんでろ じいちゃん
男優助演賞
1955年ここに泉あり
日本映画記者会賞
最優秀男優賞
テンプレートを表示

裸の大将』の山下清の演技で1958年第13回毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。『黒い画集 あるサラリーマンの証言』の石野貞一郎の演技では1960年の第15回毎日映画コンクール主演男優賞およびキネマ旬報男優賞およびブルーリボン大衆賞(つまり3つの賞)を受賞。『白と黒』の落合克巳(東京地検捜査検事)の演技および『江分利満氏の優雅な生活』の江分利満の演技により1963年第18回毎日映画コンクール主演男優賞を、『われ一粒の麦なれど』の坂田昌義(農政省官吏)の演技で1964年第15回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。

来歴・人物編集

群馬県[1]群馬郡室田町(現・高崎市)出身。父親が警察官という家庭に生まれる。桂樹の名はオリンピックの勝利のシンボル月桂冠のもととなる月桂樹にちなんで命名したという。1934年に前橋市立桃井小学校を卒業、宇都宮陸軍幼年学校を受けるが不合格となり旧制群馬県立前橋中学校に進学。芝居や映画はもともと好きであったが、在学中は友人からよく映画などに誘われてもきちんと校則を守り、一度も映画館に足を運ばなかったというまじめ人間だった。しかし中学4年の時に父親が病死したため、千葉県市川市に住んでいた伯父を頼って一家が引っ越し、桂樹のみ父親の同僚の家に下宿して通学する。前橋中を準卒業という形で出て、その後は日本大学専門部芸術科(現在の日本大学芸術学部)に進むも学費が払えぬようになり、1941年に中退する。

映画の世界へ編集

大学時代にアルバイトで伯父の勤めていた朝日新聞社校閲部の給仕を勤め、津村秀夫飯沢匡などの映画評論家や映画記者と接するうちに映画の世界に憧れを持つようになる。平凡なサラリーマンにはなるまいと思い、相談した伯父からは自分の好きなことをやれと勧められ、また給仕仲間から一緒に役者にならないかと誘われる。日活東宝松竹の入社試験を受け、唯一学歴を問わなかった日活へ入社、日活演技研究所の研究生となる。太平洋戦争開戦後の1942年に『微笑の国』の工員役でデビュー、さらに『将軍と参謀と兵』など3作品に出演する。翌1943年に日活の製作部門が新興キネマ大都映画と合併し新会社大日本映画製作株式会社となり、自動的に専属となる。ここでは『菊池千本桜』にて軍神松尾大尉役で主演するが、徴兵適齢のため8月に徴兵検査を受け甲種合格。12月に二等兵として帝国陸軍へ入営し、中国大陸に出征する。

終戦、本格的に役者の道へ編集

終戦により復員後は1946年の『君かと思ひて』でスクリーンへ復帰、折原啓子の恋人を演じ二枚目として売り出す。1951年には急遽出演出来なくなった千秋実の代役として『その人の名は言えない』に主演したことがきっかけで、二枚目でも三枚目でもない独自の演技が周囲に認められ始め次第に頭角を現す。その後同年に東宝のサラリーマン物『ホープさん』で主役を務め、その明朗快活さで注目され、翌1952年藤本真澄の誘いで東宝と契約。源氏鶏太原作の『三等重役』から、引き続き森繁久彌が主役を演ずる『社長シリーズ』(1956年 - 1971年)の全てに出演。真面目で頑なな秘書役など、平凡で健全な一般庶民を演じて人気を得た。

1955年今井正監督の『ここに泉あり』で毎日映画コンクール助演男優賞を受賞、さらに1958年には出演百本記念映画として制作された『裸の大将』で実在の画家・山下清を演じ、同映画コンクール主演男優賞を受賞した。知恵遅れを馬鹿にした映画だと一部からは非難されたが、劇中でのどもりながらの台詞「兵隊の位にすると…」は流行語になった。

1960年に『黒い画集 あるサラリーマンの証言』、1961年には松山善三の監督デビュー作『名もなく貧しく美しく』に主演し、喜劇のみならずシリアスなドラマでも活躍、特に『黒い画集 あるサラリーマンの証言』ではキネマ旬報男優賞、ブルーリボン大衆賞、毎日映画コンクール主演男優賞と、各映画賞を総なめにした。1963年には岡本喜八監督、山口瞳原作の『江分利満氏の優雅な生活』で戦中派の中年サラリーマンを演じ、毎日映画コンクール主演男優賞、日本映画記者会賞最優秀男優賞を受賞する。『裸の大将』や『黒い画集 あるサラリーマンの証言』などで小林と長く接してきた堀川弘通監督に「きわめて平凡な人間の姿から非凡な演技がほとばしり出るかけがえのない俳優」と評される。

テレビ界に進出編集

しかし、映画界が衰退の一途をたどり始めた1964年頃からは小林に向く企画が減り始め、植木等の無責任男や加山雄三の若大将の台頭もあって次第に小林の演じる庶民像は時代とのズレが目立ち、批評家からは「戦前の古いモラルの殻から抜け切れず、戦後の時代になってもそれを背負って生きている、良くも悪くも戦中派の代表格」と評されるようになる。この頃からテレビの出演が増え始め、その明るいキャラクターから1966年にはTBSの『おはよう・にっぽん』の司会者に抜擢ばってきされるも視聴率が上がらず降板する。

だが、1973年小松左京原作のベストセラー小説を映画化した『日本沈没』で日本の危機を示唆する田所博士役を演じ[1]特にテレビ出演のシーンでの鬼神に迫る演技で撮影スタッフを驚かせた。[要出典]翌1974年から放送されたテレビドラマ版『日本沈没』でも引き続き同役を演じた。

1975年に始まった『江戸の旋風』から、1981年まで放送された『江戸の朝焼け』までの江戸シリーズに5年以上連続で出演、1984年のスペシャル版にも出演した。小林はこのシリーズについて、「水戸黄門が終わるとすぐ次に大岡越前に出演する様なものであった。」と回想した[2]

1984年には9年ぶりに復活した『ゴジラ』で内閣総理大臣役を演じた。

代表作である『牟田刑事官事件ファイル』シリーズでは1983年10月の第1話から2007年6月の最新話(撮影は2005年8月)まで主役を務めたが、出演期間中の2001年に緊急入院するなど健康状態が危ぶまれた時期があった。また、この時期はNHK金曜時代劇『山田風太郎からくり事件帖〜警視庁草紙より〜』出演期間中でもあった。晩年はツーカーの「ツーカーS」のCMに出演していた。

アニメーション作品では、ウォルト・ディズニーの『わんわん物語』で主人公・トランプ、スタジオジブリ制作の映画『耳をすませば』では「地球屋」の主人・西司郎(主人公の恋人の祖父)を演じた。

晩年編集

2010年3月、小野ヤスシの50周年記念パーティーで祝辞を述べたのが公の場での最後の姿となった。同年7月に軽症肺炎で東京都内の病院に入院して以後は療養生活を送っていたが、同年9月16日午後4時25分、東京都港区の病院で心不全のため死去[3]。86歳没。

遺作は2009年公開の『星の国から孫ふたり』(園長先生役)であった。また、2010年8月14日にTBS系で放送された『歸國』に出演する予定もあったが、体調が優れず降板していた[4]

2010年10月24日東京會舘にて小林のお別れ会が開かれ、発起人には森光子淡島千景石井ふく子八千草薫仲代達矢草笛光子司葉子津川雅彦大林宣彦北大路欣也古谷一行中井貴一槇坪夛鶴子吉川一義小谷承靖等がなった。参列した八千草や津川などが小林の思い出話をした。他に三浦友和浜美枝黒沢年雄音無美紀子かたせ梨乃紺野美沙子賀来千香子地井武男黒田福美薬丸裕英が参列している。特に中井貴一が小林に、惜別の思いを語っている。

エピソード編集

対人関係編集

  • 石井ふく子が運転免許取得の際に、小林が運転指導したという。石井は小林を兄のように慕っていたという。
  • 森光子とは、映画テレビドラマ問わず複数共演しているが、『若者よ挑戦せよ』(1968年、東宝)では嫁と舅のかたちで出演[注釈 1]。『せい子宙太郎‐忍宿借夫婦巷談』(1977-1978年、TBS系)と『二人だけの結婚式』(1983年、TBS系)と『拝啓、父上様』(2007年、フジテレビ系)で夫婦役での共演も複数している。(『拝啓、父上様』では、森も小林も特別出演という形で出演)
  • 東宝映画『激動の昭和史 沖縄決戦』で共演した丹波哲郎は、毎日遅刻で現場に入った。これはスターは定刻より遅く現場に入るという風習からの行動であり、スター・システム東映では日常的な事であったが、ある日ついに共演者の小林から「ここは東宝なんだ、明日からちゃんと定時に来るように」と説教されたという[5][注釈 2]。丹波とは他にも『八甲田山』『連合艦隊』『日本沈没』で共演している[注釈 3]
  • 中井貴一は、1981年東宝で公開された小林主演による『連合艦隊』でデビューした。また、1983年に公開された『父と子』では小林の息子役で出演した。当時自身の進路を俳優に決めるか悩んでいた中井を、小林は40日の撮影中毎日夕食に連れ出し「君は顔が不自由だから、顔の仕事は厳しい。就職先なら広告代理店を紹介できるよ」と説いたという。しかし、最終日になると「君には俳優になってもらいたいんだ。アウトローがうける時代が必ず来るから、その逆である王道を歩いてもらいたい」と本音を明かし激励したという。
  • 甥のさいとうあきひこはNHK『ステージ101』にヤング101のメンバーとして出演し、音楽活動を続けていた。
  • 2009年11月20日青山葬儀所で、葬儀・告別式とファンによる森繁久彌のお別れ会に訪れた際には、「お互い悪口を言いながら楽しんで仕事してきた。そういう楽しみがなくなった」と惜しんでいた。
  • 映画監督の橋本幸治とは、橋本が助監督時代から交友があったことから、橋本の監督作である『さよならジュピター』や『ゴジラ』に出演した[6]。小林の長男がゴジラファンであったことから、ゴジラシリーズに出演経験のなかった小林は肩身が狭かったといい、『ゴジラ』の出演を受けて「やっと子供に尊敬される」と述べていたという[6]。橋本によれば、小林は別撮りの会見シーンでも相手の演技を観察して自身の受け芝居を考えていたといい、橋本は当時新人であった沢口靖子に出番が終わっても遊びに出るのではなく、小林のように相手の芝居を見るように教えていたという[6]。また、小林は自身が率先して橋本の指示に従うことで他の俳優もそれに従いやすくなるよう配慮していた[6]。『ゴジラ』のラストシーンで、火口に落ちていくゴジラを見ながら小林演じる総理大臣が涙を流す演出は、脚本にはないもので、小林によるアドリブである。

その他編集

  • 夏木陽介によれば、小林はサラリーマン映画が自身の出世作と自負しており、普段は洋物のタバコを吸っていたが人前では国産のハイライトを吸ったり、車も国産車にしか乗らないなど、庶民的なイメージを重視していた[7]。また、ある共演作で理由なく1時間待たされた際に、夏木は怒って帰ってしまったが、小林は残っていたといい、周囲に気を遣う人物であったことを証言している[7]
  • ジブリ映画『耳をすませば』において西司朗役のアフレコを務めた際のエピソードとして、「最近のドラマはオドロオドロしたストーリーが多く、自分の家族に見せられる作品が少ないが、この作品はすごく綺麗で、演じていて清々しく、こういう作品に出演したかった。中一と中二の孫が出演を聞き大騒ぎで、尊敬のまなざしで見られた。役柄的に枯れた老人ではなく、元気でモダンなおじいさんにしたいと思い演じた。」と語り、また「しずくをまるで自分の恋人の様に扱っている、そんな一面がどこかに出たらいいな。」と語っていた[8]

出演編集

 
ここに泉あり』(1955年)
最前列右、左は岸恵子、後列右は岡田英次

映画編集

40年代編集

  • 微笑の国(1942年日活) - 職工伊藤
  • 将軍と参謀と兵(1942年、日活) - 当番兵
  • 第五列の恐怖(1942年、日活) - 木村一等兵
  • シンガポール総攻撃(1943年大日本映画
  • マライの虎(1943年、大日本映画東京) - ハッサン
  • 重慶から来た男(1943年、大日本映画東京) - 中原精一
  • 菊池千本槍 シドニー特別攻撃隊(1944年、大日本映画東京) - 藤尾博之
  • 街の人気者(1946年、大映東京) - 負傷する工員
  • 君かと思ひて(1946年、大映) - 平
  • 絢爛たる復讐(1946年、大映) - 演出助手B
  • 道院の花嫁(1946年、大映) - 清谷
  • 狸になった和尚さん(1946年、大映) - 四木先生
  • 二死満塁(1946年、大映) - 加藤選手
  • 踊子物語(1947年、大映)
  • 花咲く家族(1947年、大映)
  • 看護婦の日記(1947年、大映)
  • 初恋物語(1947年、大映)
  • いつの日か花咲かん(1947年、大映)
  • 運命の暦(1948年、大映)
  • 山猫令嬢(1948年、大映)
  • 親馬鹿大将(1948年、大映)
  • 音楽二十の扉(1948年、大映)
  • 死美人事件(1948年、大映)
  • 検事と女看守(1949年、大映)
  • 毒薔薇(1949年、大映)
  • 虹男(1949年、大映東京)
  • 花の日月(1949年、大映)
  • 人生選手(1949年、新東宝

50年代、60年代編集

70年代編集

80年代以降編集

テレビドラマ編集

舞台編集

バラエティ編集

OVA編集

吹き替え編集

CM編集

受章・受賞歴編集

受賞年、賞名、受賞した仕事

ディスコグラフィー編集

シングル編集

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 実際は森のほうが小林より3歳年上。
  2. ^ 年齢は丹波が1つ上だが、芸歴では小林が先輩に当たる。
  3. ^ 同じく共演者の仲代達矢は「あの人ほど大らかな人はいない。1時間遅刻してもスタッフに「よーよー」と声をかける、僕はそんな丹波さんが大好きだった」と語っている。

出典編集

  1. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, p. 529, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ 小林桂樹、草壁久四郎 『演技者 小林桂樹の全仕事』ワイズ出版、1996年、304-305頁。ISBN 4948735604 
  3. ^ “俳優の小林桂樹さん死去 86歳、「社長シリーズ」”. 朝日新聞デジタル. (2010年9月19日). http://www.asahi.com/special/playback/TKY201009180209.html 2016年12月11日閲覧。 
  4. ^ 小林桂樹さん逝く…サラリーマン像非凡に演じる”. スポニチ (2010-9-191). 2021年6月13日閲覧。
  5. ^ 日本映画専門チャンネル 「仲代達矢の日本映画遺産 第五部 時代劇の現場」[出典無効]
  6. ^ a b c d 「橋本幸治監督ロング・インタビュー」 『ゴジラ』東宝出版事業室〈東宝SF特撮映画シリーズVOL.1〉、1985年1月15日、74,78頁。ISBN 4-924609-03-X 
  7. ^ a b 別冊映画秘宝編集部 編「夏木陽介(構成・文 友井健人)」 『ゴジラとともに 東宝特撮VIPインタビュー集』洋泉社〈映画秘宝COLLECTION〉、2016年9月21日、pp.93-94頁。ISBN 978-4-8003-1050-7 
  8. ^ 耳をすませば 劇場用公式パンフレット 声の出演者 comment&profile ページより ページ番号は無し
  9. ^ a b c d e 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–537, 「主要特撮作品配役リスト」
  10. ^ 耳をすませば”. 金曜ロードシネマクラブ. 日本テレビ. 2019年2月2日閲覧。
  11. ^ NAGASAKI 1945 アンゼラスの鐘”. 虫プロダクション. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ 番組エピソード 土曜ドラマ 松本清張シリーズ 遠い接近-NHKアーカイブス
  13. ^ 土曜ドラマ 戦後史実録シリーズ 空白の900分 - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス 日本放送協会”. 2017年10月10日閲覧。
  14. ^ NHK特集 THE DAY その日・1995年日本 - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス 日本放送協会”. 2017年10月10日閲覧。
  15. ^ 「秋の叙勲 都内から小林桂樹さんら618人 3人に受章の喜びの声を聞く」『読売新聞』1994年11月3日朝刊

参考文献編集

外部リンク編集