戦闘国家』(せんとうこっか)は、1995年ソリトンソフトウェアにより開発されソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたウォー・シミュレーションゲームのシリーズである。

概要編集

六角形のマス(ヘックス)で区切られたマップ上に自国陣営都市で生産した兵器ユニットを展開し、敵陣営の首都である都市を占領又は破壊すれば勝利、というのが基本ルールである。 兵器ユニットには大きく分けると航空機(ヘリコプター)、戦車等陸上兵器、艦船、潜水艦の4種がありそれぞれF-15戦闘機やB-52戦略爆撃機、アーレイバーク級駆逐艦など実在の現代兵器が登場する。

ゲームは2~3陣営が順に兵器ユニットを動かすターン制を採用している。基本ルールは先行の同種シミュレーションゲームである大戦略シリーズを基調としており似通っているが、兵器ユニットごとに行動力というものが設定されており、その範囲内で攻撃や移動を繰り返すことが可能な「行動力システム」や相手兵器ユニットが自国攻撃ユニットの迎撃範囲内に入ると自動的に迎撃攻撃を行う「迎撃システム」などの独自のシステムを採用している。

シリーズ編集

パソコン編集

コンシューマー編集

  • 戦闘国家 エアランドバトル(PlayStation、1995年12月1日、SCEI/ソリトン)
  • Play Station The Best 戦闘国家 エアランドバトル(PlayStation、1996年11月22日、SCEI/ソリトン)
  • 戦闘国家-改-インプルーブド(PlayStation、1997年4月11日、SCEI/ソリトン)
  • Play Station The Best 戦闘国家-改-インプルーブド(PlayStation、1999年9月14日、SCEI/ソリトン)
  • グローバルフォース 新・戦闘国家(PlayStation、1999年3月11日、SCEI ゲームアーカイブス2006年12月21日)
    • プレーヤーは3勢力が対立し混迷を深める世界情勢の中、3勢力の一つ・自由連合勢力が紛争の早期解決を図る目的で設立した国際組織「国際紛争調停機構(International Peace Operation Committee)」の実戦部隊である超国家的軍隊「グローバルフォース」の指揮官となり、世界各地で起こる紛争の解決に当たることとなる。
    • 主要勢力は以下の通り。
      • 自由連合勢力:各国が自由を尊重し世界秩序を維持しようとする勢力。国際紛争調停機構の設立母体でもある。
        • 自由連合:自由連合勢力の盟主。強力な軍事力を有し、世界の警察官を自負している。
        • 共和国:数十年前に大陸連合より独立した小国。大陸連合はその独立を承認せず、現在も国境付近で大陸連合との緊張状態が続く。
        • 北部王国:伝統を重んじる歴史ある王国。大陸の紛争に対しては不干渉主義であったが、軍政権国勢力の強大化により政策の転換を迫られている。
        • 砂漠国:軍政権国と歴史的に対立し、実際に何度も紛争を繰り返してきた砂漠地帯の小国。自由連合と北部王国の強い支援を受けている。
        • 列島国:極東地帯にある島国。歴史的背景により東方連邦との間に軋轢がある。専守防衛を掲げているが、軍備増強を進めてもいる。
      • 連邦勢力:旧来の社会システムを維持しているかつての大国勢力。その政治思想の違いから自由連合勢力・軍政権国勢力双方と対立している。
        • 中央連邦:連邦勢力の盟主。自由連合に劣らない軍事力を有していたが、経済の混乱により国力が低下している。
        • 東方連邦:豊富な地下資源を有するが近代化に遅れている大国。中央連邦とは同盟関係にあるが、中央連邦の国力低下に伴いその関係にも亀裂が生じている。
      • 軍政連合勢力:国際問題の解決策として軍事力の行使を躊躇しない勢力。現在、自由連合勢力・連邦勢力双方と敵対関係にある。
        • 軍政権国:その強力な軍事力を外交の手段とする国家。豊富な地下資源を資金源に尚軍事力を増強しており、その拡大は留まる気配を見せていない。
        • 大陸連合:大陸西岸を支配する歴史ある大国。経済水準、技術水準共に高く、軍政権国を経済・技術双方の面から支援している。
  • 戦闘国家-改- NEW OPERATIONS(PlayStation 2、2005年3月31日、角川書店
  • 戦闘国家・改 -LEGEND-(PlayStation 2、2007年6月21日、ソリトン)

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通(PS)25/40[1]
(PS改)25/40[2]
(新)30/40[3]
(改NEW)28/40[4]

『戦闘国家 エアランドバトル』はファミコン通信クロスレビューでは6、7、6、6の25点[1]。レビュアーはコンセプトは初期の大戦略のようだがストーリーやイベントはなく消耗戦が顕著だが戦闘のみを楽しみたいSLG上級者向け、開発など流行を取り入れこの手のゲームが好きな人が作った雰囲気を感じる、迎撃システムにより理不尽な負け方が減り操作はフレンドリーで初心者にもその気があれば十分プレイできるが、戦闘時のムービーは格好いいがロードに10秒以上かかるのに閉口してしまい簡易モードでは本作の持ち味がなくなってしまうとした[1]

一般的に三作目の「グローバルフォース」が最も人気があり、シリーズ集大成と言われている。一方で二作目の「改」もその次に人気があり、一部では熱狂的な支持があるが、四作目、五作目のソフトは二作目の「改」をベースに作られているため、どういう訳かPS2版にもかかわらずグラフィックが荒かったり、さらには改悪が施されていたり(例えば敵が単なる初期配置の物量作戦だったりなど)して、評判は散々であった。この大幅な売上、評価の下方修正がこのシリーズの運命を大きく変化させ、現在も次作は予定されていない。

出典編集