メインメニューを開く

戸ノ下 達也(とのした たつや、1963年-)は、日本の会社員洋楽文化史研究会代表幹事[1]。専攻は近代日本音楽史。東京都生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。

2018年には第5回JASRAC音楽文化賞を受賞した[2]

目次

著書編集

単著編集

  • 『音楽を動員せよ 統制と娯楽の十五年戦争』<越境する近代5>(青弓社、2008年)
  • 『「国民歌」を唱和した時代 昭和の大衆歌謡』(吉川弘文館、2010年)

共著編集

  • 渡辺裕・ほか)『クラシック音楽の政治学』(青弓社、2005年)

共編著編集

刊行史料編集

出典編集

  1. ^ 戸ノ下、『音楽を動員せよ』、青弓社、2008年、261ページ。
  2. ^ JASRAC音楽文化賞 音楽文化研究家ら受賞 - 産経新聞・2018年12月18日

外部リンク編集