日本音楽文化協会

社団法人日本音楽文化協会(にほんおんがくぶんかきょうかい)は、第二次世界大戦中の国策団体の一つ。内務省情報局文部省の共同所管により1941年11月に設立され、1945年10月に消滅した。大日本音楽文化協会とも呼ばれる。略称、音文

機関紙に『音楽文化新聞』『日本音楽文化協会会報』があった。

概要編集

当時の日本では軍部が勢力を持っており、ドイツを模倣して日本文学報国会大日本言論報国会などの組織を作り、文化関連の活動を統制していた。内務省や厚生省、警視庁、大政翼賛会の後押しで設立された日本音楽文化協会もその一つで、活動内容は「日本人の作品を必ず演奏会に加える」といった音楽指導のほか、士気高揚と情操純化のための音楽会の開催、工場への音楽隊の派遣、演奏会開催の受理・不受理の決定など[1]山田耕筰山根銀二野村光一井口基成属啓成諸井三郎柴田南雄など、音楽関係者はこの協会に入らなければ紙の配給を受けられず、楽譜の入手もできなかった。

1943年8月には演奏家協会と合併。東京に本部を置き、大阪京都に支部を置いた。楽曲の制定や普及、演奏会の企画や実施、演奏会企画や演奏家の統制、対外宣伝、挺身活動など、音楽を通じた国民教化や宣伝活動を展開していたが、日本の敗戦後、1945年10月に解散した。

当時、内務省の官吏だった吉田秀和が嘱託身分で日本音楽文化協会に出向しており、晩年に当時の思い出を語っている。

役員一覧編集

参考文献編集

  • レコード芸術編『吉田秀和 音楽を心の友と』p.34-35(音楽之友社、2012年)

脚注編集

  1. ^ 辻浩美『作曲家・吉田隆子 書いて、恋して、闊歩して』p.63-64

関連項目編集