立命館大学産業社会学部

立命館大学 > 立命館大学産業社会学部

立命館大学産業社会学部(りつめいかんだいがくさんぎょうしゃかいがくぶ、英称:College of Social Sciences)は、立命館大学に設置されている産業社会学部である。

以学館(1965年竣工・産業社会学部基本棟)

概要編集

立命館大学産業社会学部は、学問諸分野を扱う学部として1965年に設立された。社会学を中心としつつも、学際的傾向を有し、現代社会専攻、メディア社会専攻、スポーツ社会専攻、子ども社会専攻、人間福祉専攻の5専攻から成っている[1]。立命館大学の中で唯一「オリター」を「エンター」と呼称する。当初は、オリターに加えて産社独自の援助担当者(略して「援担」)が存在しており、援担のことを誤ってエンターと呼ぶ者も多かった。やがて両者の区別がなくなり、足して2で割ったような「エンター」という名称が残った。

沿革編集

 
恒心館
(広小路時代の産業社会学部校舎)
  • 1965年 立命館大学に産業社会学部を設置[2]
  • 1970年 広小路キャンパスから衣笠キャンパスに移転[2]。学而館(衣笠)竣工[3]
  • 1994年 恒心館(衣笠)に移転[4]
  • 2000年 以学館(衣笠)に移転[5]
  • 2001年 人間福祉学科を設置[2]
  • 2007年 現代社会学科に再編[2]

学科編集

  • 現代社会学科[6]
    • 入学定員810人[6]

著名な出身者編集

政治編集

経済編集

マスコミ、ジャーナリズム編集

研究編集

文化編集

芸能編集

アナウンサー編集

スポーツ編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 学部長挨拶 立命館大学産業社会学部
  2. ^ a b c d 年表で見る立命館 立命館大学
  3. ^ 産業社会学部の歴史 立命館大学
  4. ^ 『立命館百年史』 通史第三巻、985頁
  5. ^ 『立命館百年史』 通史第三巻、767頁
  6. ^ a b 学生・生徒・児童数  (2018年5月1日現在) 立命館大学

外部リンク編集