メインメニューを開く

戸沢 正産(とざわ まさただ)は、出羽新庄藩の第6代藩主。

 
戸沢 正産
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦8年(1758年
死没 安永9年10月7日1780年11月3日
改名 孝次郎(幼名)→正産
戒名 宿仙院徳巌慈本
墓所 東京都港区三田の常林寺瑞雲院
官位 従五位下、上総介、能登
幕府 江戸幕府
出羽国新庄藩
氏族 戸沢氏
父母 父:戸沢正諶、母:心涼院
兄弟 正産正良松平乗友正室のち戸田忠喬正室
正室:松平頼恭の娘
養子:正良

生涯編集

宝暦8年(1758年)(異説として宝暦10年(1760年6月23日)、第5代藩主・正諶の長男として生まれる。明和2年(1765年)、父の死去により家督を継ぐ。安永4年(1775年閏12月11日、従五位下、上総介に叙任する。

若年のため、家老の北条六右衛門によって「安永の地押」という倹約を中心とした藩政改革が行なわれた。また、藩校・明倫堂が創設されている。安永9年(1780年)10月7日(異説として10月3日)、瀬見温泉で入浴中に発病して死去した。享年23。実子がなく、弟の正良が養子として跡を継いだ。