酒井忠仰

姫路藩の世嗣

酒井 忠仰(さかい ただもち)は、江戸時代中期の播磨国姫路藩の世嗣。官位従四位下備前守

 
酒井忠仰
時代 江戸時代中期
生誕 享保20年(1735年
死没 明和4年8月20日1767年9月12日
官位 従五位下従四位下備前守
播磨姫路藩世嗣
氏族 酒井氏(雅楽頭家)
父母 酒井忠恭、石原氏
兄弟 忠仰忠得忠宜忠温忠啓忠交
忠補、米姫、井伊直禔正室、清光院、
酒井忠節正室、本多忠奝正室、タキ、軽子
松平乗祐次女・里姫
忠以忠因戸沢正良正室
テンプレートを表示

略歴編集

上野国前橋藩主・酒井忠恭(のち姫路初代藩主)の長男(庶子)として誕生。母は側室・石原氏。

庶子だったため、ただちに嫡子となることはできなかった。寛延元年(1748年)に小姓となって3000俵の新封を受け、翌寛延2年(1749年)に叙任する。その後、嫡子だった次弟・忠得、三弟・忠宜が相次いで早世したため、宝暦11年(1761年)に嫡子となる。しかし、忠仰も家督相続を果たせず、明和4年(1767年)に早世した。代わって忠仰の長男・忠以が忠恭の嫡子となった。

系譜編集