才田修

才田 修(さいだ おさむ、1952年7月18日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

才田 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1952-07-18) 1952年7月18日(65歳)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1970年 ドラフト5位
初出場 1971年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

北陽高校では1970年、3年生の時にエース永井春夫を擁し、二塁手、三番打者として春の選抜に出場。準々決勝では岐阜短大付湯口敏彦投手を打ち崩し、準決勝では笹本信二のいた鳴門高を降す。決勝では箕島高と対戦。永井と島本講平との投げ合いとなるが、延長12回裏4-5×でサヨナラ負け、準優勝にとどまる。才田は大会第4号本塁打を湯口から記録した。同年夏の甲子園府予選でも決勝に進出するが、PL学園新美敏投手に抑えられ敗退。春夏連続出場はならなかった。高校同期には神垣雅行松岡高信がいる。

1970年ドラフト会議阪神タイガースから5位指名を受け入団。俊足好打のチャンスメーカーとして期待され、1971年1972年ジュニアオールスターゲームに内野手として連続で選出される。しかし一軍では代走での出場1試合のみに終わった。1974年限りで引退

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1971 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号編集

  • 52 (1971年 - 1974年)

関連項目編集