メインメニューを開く

承応の変(じょうおうのへん)は、慶安5年9月13日1652年10月15日)に起こった事件。戸次庄左衛門の乱承応事件とも。主な首謀者は別木庄左衛門林戸右衛門三宅平六藤江又十郎土岐与左衛門

経緯編集

牢人の別木庄左衛門が、同士数人とともに崇源院徳川秀忠正妻)の27回忌が増上寺で営まれるのを利用し、放火して金品を奪い、江戸幕府老中を討ち取ろうと計画した。

しかし、仲間の1人が老中・松平信綱に密告したため、庄左衛門らは捕らえられ、処刑された。また、備後福山藩士で軍学者の石橋源右衛門も、計画を打ち明けられていながら幕府に知らせなかったという理由で、ともに磔刑に処せられている。更に、老中・阿部忠秋の家臣である山本兵部が庄左衛門と交際があったということで、信綱は忠秋に山本の切腹を命じている。

慶安の変同様、それまでの武断政治の結果としての浪人増加による事件として位置づけられる。以後、幕府は文治政治へ政治方針を転換した。

なお、事件から5日後の9月18日に承応元年と改元されており、事件の決着がついたのが改元後にあたるため、承応の変もしくは承応事件といわれるようになった。