メインメニューを開く

松平直良

江戸時代初期の大名

松平 直良(まつだいら なおよし)は、江戸時代前期の大名越前国木本藩主、越前勝山藩主、越前大野藩初代藩主。直良系越前松平家初代。

 
松平直良
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年11月24日1605年1月13日
死没 延宝6年6月26日1678年8月13日
改名 長光丸(幼名)→直良
別名 成政、直富、直久、直輝
戒名 松巌院
墓所 京都府京都市左京区永観堂町の禅林寺
官位 従四位下、侍従土佐守但馬守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
越前木本藩主→越前勝山藩主→大野藩
氏族 越前松平家
父母 父:結城秀康
母:津田信益娘・奈和(長寿院)
兄弟 忠直忠昌喜佐姫毛利秀就正室)、直政、吉松、直基直良
正室:本多成重娘・豊
側室:橋本平作娘・布利、松島氏娘
監物、万助、直明(三男)、
布不(了達院、満姫、松平近栄正室)、
市(満心院、有馬豊祐正室)ら6男2女

生涯編集

慶長9年(1604年)11月24日、越前国主・結城秀康の六男として、藩領内の永平寺町にあった、母の実家である津田信益の屋敷にて誕生。実兄で主君でもあった越前国主松平忠直より偏諱を受けて直良を名乗る。

元和9年(1623年)、忠直が強制隠居とされると、藩領の大部分は次兄・忠昌の藩領とされ、残りは兄弟に分割されることになり、越前には小藩が分立した。末弟・直良も寛永元年(1624年)に越前木本藩主となり、2万5千石を知行する。寛永12年(1635年)に加増され、五兄・直基が越前大野藩へ転封後の越前勝山藩3万5千石に移る。正保元年(1644年)にさらに1万5千石を加増されて5万石の上で、またも兄・直基が出羽国山形藩に転封した後を受けて越前大野藩主となった。正保3年(1646年)12月、侍従・但馬守に叙任される。

甥で福井藩主の松平光通の子・直堅延宝元年(1673年)6月20日に江戸の直良を頼って越前の国許を出奔した際、直良はこれを江戸藩邸に匿った。これは、直堅の母親は片桐家の出であり、直良の外祖父で大野藩家老織田家(津田家)の祖である津田信益片桐且元に仕えていたことがあったため、この縁を頼ったものと思われる。また、直堅は延宝3年(1675年)5月21日に江戸幕府4代将軍徳川家綱と謁見し、12月26日、従五位下・備中守に任じられ、賄料1万俵江戸定府の諸侯に列したが、ここにも直良の力添えがあったと推測される。

延宝6年(1678年)6月26日、死去。享年75。跡を三男・直明が継いだ。