挿頭丘駅

日本の香川県綾歌郡綾川町にある高松琴平電気鉄道の駅

挿頭丘駅(かざしがおかえき)は、香川県綾歌郡綾川町畑田にある、高松琴平電気鉄道琴平線である。駅番号はK11

挿頭丘駅
Kotoden-kazashi001.JPG
挿頭丘駅(岡本方跨線橋より撮影)
かざしがおか
Kazashigaoka
K10 岡本 (1.2 km)
(0.8 km) 畑田 K12
所在地 香川県綾歌郡綾川町畑田546
北緯34度15分43.6秒 東経133度58分46.6秒 / 北緯34.262111度 東経133.979611度 / 34.262111; 133.979611座標: 北緯34度15分43.6秒 東経133度58分46.6秒 / 北緯34.262111度 東経133.979611度 / 34.262111; 133.979611
駅番号  K11 
所属事業者 高松琴平電気鉄道
所属路線 琴平線
キロ程 15.0 km(高松築港起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
乗降人員
-統計年度-
383人/日
-2018年-
開業年月日 1926年大正15年)12月21日
備考 無人駅
テンプレートを表示

挿頭丘駅
配線図

畑田駅

STR
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR

岡本駅

旧琴平電鉄が住宅・別荘地として開発した挿頭丘別荘地への最寄駅として開設された駅である。

2021年に地域応援サイト「生活ガイド.com」で募った「難読駅ランキング西日本編」で1位となった。[1]

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する。線路は切り通しを走り、挿頭丘周辺からは確認することが難しい。ホームや柵などは幾度か改修されたが、待合所は古くからの石積みを残している。

無人駅円座駅と同タイプの自動券売機、飲み物の自動販売機が設置されている。便所はない。

シーズンが来ると、ホームの対面の傾斜面にたくさんの水仙の花が咲く。

利用状況編集

2001年には、1日あたり716人の利用者数があったが[2]、2018年には383人/日の利用まで減少している。

1日乗降人員推移 [3]
年度 1日平均人数
2011年 465
2012年 433
2013年 431
2014年 398
2015年 397
2016年 400
2017年 378
2018年 383

駅周辺編集

歴史編集

開業当初の駅舎は当時の阪急仁川駅を参考に、社長の大西虎之助が自ら設計したものであった。現在は駅舎は撤去されている。

隣の駅編集

高松琴平電気鉄道
琴平線
岡本駅(K10) - 挿頭丘駅(K11) - 畑田駅(K12)

画像編集

参考文献編集

  1. ^ 難読駅ランキング 西日本編!結果発表|生活ガイド.com” (日本語). 生活ガイド.com. 2022年3月27日閲覧。
  2. ^ ことでん各駅カルテ 主要駅及び周辺の実態把握調査 (PDF)”. ことでんを核とした公共交通活性化委員会事務局 (2003年2月13日). 2006年6月1日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2021年4月8日閲覧
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年12月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)、2020年9月24日閲覧

関連項目編集