排出ガス(はいしゅつガス、英:emission gas)は、自動車ガスタービン焼却炉火力発電所工場[1]などから排出されるガスの総称。自動車公害などでは、従来はしばしば排気系から排出される排気ガスと混用されてきたが、近年は区別される傾向がある。排ガスとも呼ばれる。

自動車の排出ガス
排気管から出る排気ガス

排出ガスおよびガス以外の発散物質(粒子状物質など)を併せて排出物質(emission matter)と総称することもある。いずれも大気汚染など公害の原因となるほか、温室効果ガスを含む[1]

自動車排出ガスの種類編集

日本産業規格(JIS D0108)では、自動車の排出ガスは次の三種類に分類されている。

排気ガスの成分は、エンジンにより様々である。ガソリンエンジンでは一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOx)などが多いとされている。排気ガスおよび一緒に排出される粒子状物質(PM)などを併せて排気物質(exhaust emission)と呼ぶこともある。

ブローバイガスや燃料蒸発ガスは、成分の大部分は炭化水素であるが、燃料中の硫黄分が硫黄酸化物(SOx)として排出される。

排出ガス中には二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが多量に含まれているため、地球温暖化の要因の一つともみなされている。

関連する規格編集

関連する日本産業規格はJIS検索から検索・閲覧ができる。

対策編集

上記のように、含有する有害物質については発生量抑制や大気放出前に回収・浄化するための規制や技術開発が行われている。排出ガス中の二酸化炭素、一酸化炭素水素嫌気性細菌を使ってバイオエタノール燃料に変えるプラントが実用化されている[1]

参考文献編集

  • 『JISハンドブック(52) 環境測定Ⅰ 大気・騒音・振動』日本規格協会 - JIS D0108を収録
  • 『自動車原動機の環境対応技術』自動車技術シリーズ1、(社)自動車技術会 編集、朝倉書店、1997年

出典編集

  1. ^ a b c 【Innovation】排ガス由来燃料 環境配慮/ウサギのフン利用 車・航空で導入『日経産業新聞』2020年1月30日(最終20面)

関連項目編集

外部リンク編集