メインメニューを開く
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

狻猊(さんげい[注釈 1])とは、中国の伝説上の生物である。しばしば獅子と同一視される。

狻猊
Suanni xianglu.JPG
香炉の脚部にあしらわれた狻猊
各種表記
繁体字 狻猊
簡体字 狻猊
拼音 suān ní
注音符号 ㄙㄨㄢ ㄋㄧˊ
発音: スワンニー
日本語読み: さんげい
テンプレートを表示

概要編集

古くは『爾雅』釈獣に「狻麑」として見え、虦猫(トラの一種)に似て、虎豹を食うとしている。郭璞の注では獅子のこととしている。『穆天子伝』には「狻猊は五百里を走る」という。

漢訳仏典でも狻猊は獅子の別名として使われる。玄奘訳『大菩薩蔵経』(『大宝積経』菩薩蔵会)に「喬答摩(ガウタマ)種狻猊頷、無畏猶如師子王。」といい、『玄応音義』は「狻猊は獅子のことで、サンスクリットでは僧訶(シンハ)という」とする。

仏陀はしばしば獅子にたとえられるため、仏陀のすわる場所を「獅子座」と呼ぶことがある[1]。ここから高僧の座る場所も「獅子座」あるいは「猊座」といい、「猊座の下(もと)に居る者」という意味で、高僧の尊称や、高僧に送る手紙脇付けは「猊下」となった。

銅鏡、各神獣鏡の意匠、特にの時代に作られた「海獣葡萄鏡」に多数見受けられる瑞獣を海獣または狻猊と呼ぶことがある。なお、海獣とは砂漠の向こうに住む「海外の獣」という意味であるという[2]

代には竜が生んだ九匹の子である竜生九子(りゅうせいきゅうし)の一匹とされた。楊慎升庵外集』や李東陽懐麓堂集[3]などに登場する。『升庵外集』によれば、獅子に似た姿でを好み、故に香炉の脚の意匠にされるという。

なお、小説『水滸伝』の登場人物である鄧飛の渾名は「火眼狻猊」(かがんさんげい)といい「赤い目をした獅子」という意味である。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「狻」の読みは、しばしばつくりの「夋」に引かれて百姓読みした「シュン」との表記が散見されるが、反切は『唐韻』で「素官切」、『集韻』などでは「蘇官切」とあり、「サン」が正しい(酸と同音)。『爾雅』『説文解字』には「狻麑」に作る

出典編集

  1. ^ 大智度論』巻7(大智度初品中放光釈論第十四)「仏為人中師子、仏所坐処若床若地、皆名師子座。譬如今者国王坐処、亦名師子座。」
  2. ^ 古鏡とは”. 古鏡の世界~会津八一コレクション~銅鏡データベース. 2006年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月14日閲覧。
  3. ^ 李東陽『懐麓堂集』巻72・記竜生九子。「狻猊、平生好坐。今仏座獅子是其遺像。」

参考文献編集

  • 福永伸哉『三角縁神獣鏡の研究』大阪大学出版会、2005年8月。ISBN 978-4-87259-193-4

関連項目編集