キシャン満州語: ᡣᡞᡧᠠᠨ 転写:kišan[1]、琦善、きぜん、1786年1月18日乾隆50年12月19日) - 1854年8月3日咸豊4年閏7月10日))は、の官僚。静庵ボルジギト氏、満州正黄旗人

生涯編集

父のチェンデ(Cende、成徳)は杭州将軍や熱河都統を歴任し、その功でキシャンは1806年に刑部員外郎となった。その後布政使巡撫などの職を歴任し、直隷総督文淵閣大学士に至った。1840年阿片戦争の際には林則徐の後任として両広総督となる。キシャンはイギリス艦隊の装備の充実ぶりを見て、砲台の守備軍を撤退させてイギリス軍と交渉を行った。こうして香港の割譲と600万両の賠償金を内容とする川鼻仮条約が調印されたが、道光帝は香港の割譲に激怒してキシャンを罪に問うて罷免した。

1842年、アヘン戦争が終結すると復権し、駐箚大臣としてラサに派遣された。1852年太平天国の乱鎮圧の欽差大臣に任命され、江蘇省の防衛のために揚州近郊に江北大営を建設して騎兵・歩兵1万8千人を配置した。1854年、陣中で死去。文勤の諡号が贈られた。

脚注編集

  1. ^ 「鮮明」の意

外部リンク編集

  • 国学ネット — 原典宝庫(簡体字中国語)
『清史稿』 巻三百七十 列伝一百五十七
先代:
陳若霖
河南巡撫
1819年 - 1820年
次代:
姚祖同
先代:
錢臻
山東巡撫
1821 年 - 1822年
次代:
程含章
先代:
程含章
山東巡撫
1823年 - 1825年
次代:
イリブ(伊里布)
先代:
魏元煜
両江総督
1825年 - 1827年
次代:
蒋攸銛
先代:
盧坤
山東巡撫
1827年 - 1829年
次代:
ネルギンゲ(訥爾経額)
先代:
戴三錫
四川総督
1829年 - 1831年
次代:
鄂山(オシャン)
先代:
ナヤンチェン(那彦成)
直隷総督
1831年 - 1837年
次代:
ムジャンガ(穆彰阿)
先代:
ムジャンガ(穆彰阿)
直隷総督
1837年 - 1840年
次代:
ネルギンゲ(訥爾経額)
先代:
林則徐
両広総督
1840年 - 1841年
次代:
祁填
先代:
宝興(ボーヒン)
四川総督
1846年 - 1849年
次代:
裕誠(ユイチェン)
先代:
ブヤンタイ(布彦泰)
陝甘総督
1849年 - 1851年
次代:
サインガ(薩迎阿)